健康

WHOチーフは、子供に予防接種をしないように各国に要請し、今年は「より致命的」になるようにCOVID-19としてCOVAXに寄付します。 世界のニュース

ニューデリー:金曜日(2021年5月14日)の世界保健機関(WHO)は、子供にワクチンを接種しないよう各国に要請し、今年はCOVID-19としてCOVAXにワクチンを寄付するよう促しました。

記者会見で、WHOのテドロスアダノムゲブレイエス事務局長は、まだコロナウイルスから保護されていない人が非常に多いという事実は、世界中のCOVID-19ワクチンへのアクセスの大きな歪みを悲しげに反映していると述べました。

Ghebreyesus氏は、「一部の国が子供や青年に予防接種をしたい理由は理解していますが、今は再考し、代わりにCOVAXにワクチンを寄付するように促しています。低中所得国ではワクチンの供給が十分ではないためです。医療従事者や介護福祉士にも予防接種をするために、そして病院は救命医療を緊急に必要とする人々で溢れています。」

「低中所得国では、#COVID19ワクチンの供給だけでは医療従事者や介護福祉士を免疫するのに十分ではなく、病院は救命医療を緊急に必要とする人々で溢れています」-@ DrTedros #VaccinEquity https:// t .co / hX6rZ3KYTs

—世界保健機関(WHO)(@ WHO)2021年5月14日

WHOチーフは、現在、ワクチン供給の0.3%のみが低所得国に向けられていると報告しました。

Ghebreyesusは、COVID-19はすでに330万人以上の命を奪ったと述べ、「このパンデミックの2年目は、1年目よりもはるかに致命的となる予定です」と述べました。

「公衆衛生対策と予防接種を組み合わせて命と生計を救うことは、どちらか一方ではなく、パンデミックから抜け出す唯一の方法です」と彼は付け加えました。

Ghebreyesusは、インドは依然として大きな懸念を抱いており、いくつかの州では、心配な数の症例、入院、死亡が続いていると述べた。

彼は、WHOが対応しており、インドがコロナウイルスの第2波と戦うのを支援するために、何千もの酸素濃縮器、移動式野戦病院用のテント、マスク、その他の医薬品を出荷していることを強調しました。

「しかし、緊急の必要があるのはインドだけではない。ネパール、スリランカ、ベトナム、カンボジア、タイ、エジプトは、症例と入院の急増に対処している国のほんの一部である」とWHO事務局長は述べた。

彼は、南北アメリカのいくつかの国ではまだCOVID-19の症例数が多く、地域として、アメリカ大陸は先週のCOVID-19による全死亡の40%を占めていると付け加えました。

「アフリカのいくつかの国でも急上昇している」とゲブレイエスは述べた。

「#COVID19はすでに330万人以上の命を奪っており、パンデミックの2年目は1年目よりもはるかに致命的となる見通しです。公衆衛生対策と予防接種を組み合わせて命と生計を救う–1つでももう1つは-唯一の方法です」-@ DrTedros

—世界保健機関(WHO)(@ WHO)2021年5月14日

土曜日(5月15日)の朝のジョンズホプキンス大学によると、これまでに世界で確認されたコロナウイルスの症例は16,15,54,788を超え、そのうち33,53,195がウイルスに感染しています。

Back to top button