健康

WHOは中東諸国でCOVID-19の「第4波」を推進するデルタバリアントを言います| 世界のニュース

ニューデリー:デルタ変異は、ワクチン接種率が低いままである中東で「第4の波」を引き起こすコロナウイルスの発生の急増につながった、と世界保健機関(WHO)は言いました。

木曜日(2021年7月29日)の声明の中で、世界の保健機関は次のように述べています。現在、この地域の22か国のうち15か国で報告されています。」

「デルタ変異体は、これらの国のいくつかでウイルスの優勢株になりつつあり、感染はまだワクチン接種を受けていない人々の間で主に報告されています。 元のウイルスやその他の検出された懸念される変異株よりも感染性が高い」と述べた。

「東地中海地域と他のすべてのWHO地域にデルタ変異が急速に広がっていることが懸念の主な原因です。ここ数週間で新しい症例と死亡の数が増えています。新しい症例と入院患者のほとんどはワクチン未接種の人々です。私たちは今、地域全体でCOVID-19の第4の波にいます」と、WHOの東地中海地域ディレクターであるAhmedAl-Mandhari博士は述べています。

先月の感染は前月と比較して55%増加し、死亡は15%増加しました。 毎週31万人以上の症例と3,500人の死亡が記録されています。

北アフリカで最も多くのCovid-19による死亡に苦しんでいるチュニジアなどの国々は、発生を封じ込めるのに苦労しています。

酸素ボンベと集中治療室の深刻な不足により、地域の医療システムの能力が拡大しました。WHOは、デルタバリアントの急速な普及により、この地域で急速に「支配的な株」になっていると指摘しました。

ジャーナルVirologicalの最近の論文によると、Deltaバリアントの患者の最初のテストで見つかったウイルスの量は、2020年のウイルスの最初の波の患者の1,000倍であり、その伝染性が大幅に増加しました。

WHOの声明はさらに、ワクチンの世界的な不足と著しく不公平な配布の中で、高所得国が低中所得国に線量を寄付することを奨励していると述べました。

WHOは、全国の人口の10%を9月までに、40%を2021年末までに、70%を2022年半ばまでに完全にワクチン接種するという目標を設定しましたが、この目標は高所得国がなければ達成されません。その多くはすでにこれらの目標を上回っており、ワクチンを寄付する用意があります。

生放送

Back to top button