健康

WHOのチーフは、インドのCOVID状況を「非常に懸念している」と呼んでいます。 世界のニュース

国連:インドのCOVID-19の状況は依然として非常に懸念されており、いくつかの州では引き続き心配な数の症例、入院、死亡が見られます。WHOのチーフTedros Adhanom Ghebreyesusは金曜日に、パンデミックの2年目は「はるかに致命的」になると警告しました。世界初より。

Ghebreyesusは、WHOがインドでのCOVID-19の急増に対応しており、何千もの酸素濃縮器、移動式野戦病院用のテント、マスク、その他の医療用品を出荷していると付け加えました。

「インドは依然として大きな懸念を抱いており、いくつかの州では、心配な数の症例、入院、死亡が続いている」と彼は毎日のメディアブリーフィングで述べた。

「そして、私たちはインドを支援しているすべての利害関係者に感謝します」とWHO事務局長は言いました。

インドはコロナウイルスのパンデミックの致命的な波の真っ只中にあり、金曜日に3,43,144人がウイルス陽性であり、国の症例数は2,40,46,809に達しています。
死者数は2,62,317人です。

インドのCOVID-19の集計は、12月19日に1,000万件を超え、6か月足らずで倍増し、5月4日の2,000万件という厳しいマイルストーンを超えました。

Ghebreyesusは、緊急事態のような状況はインドに限定されていないと指摘した。

「ネパール、スリランカ、ベトナム、カンボジア、タイ、エジプトは、症例数と入院数の急増に対処している国のほんの一部です」と彼は付け加え、南北アメリカのいくつかの国はまだ症例数が多く、地域として、南北アメリカは先週のすべてのCOVID-19の死の40パーセントを占めました。

アフリカの一部の国でも急上昇しています。

「これらの国々は対応が強化されており、WHOは可能な限りあらゆる方法で支援を提供し続けるだろう」と彼は述べた。

ゲブレイエス氏は、COVID-19はすでに世界中で330万人以上の命を奪っていることを指摘し、「このパンデミックの2年目は、1年目よりもはるかに致命的となる見通しです」と述べています。

彼は、ワクチンの供給が依然として重要な課題であり、公衆衛生対策とワクチン接種の組み合わせで命と生計を救うことが「どちらか一方ではない」がパンデミックから抜け出す唯一の方法であると嘆いた。

Back to top button