健康

WHO、中国の 2 番目の COVID-19 ワクチン「Sinovac」を緊急使用に承認 | 世界のニュース

北京/ジュネーブ: 世界保健機関 (WHO) は、中国の 2 番目の COVID-19 ワクチン「Sinovac」を緊急使用リストに登録することを承認しました。

国連保健機関は火曜日の声明で、「WHOは、シノバック・コロナバックのCOVID-19ワクチンを緊急使用のために検証し、国、資金提供者、調達機関、コミュニティに、安全性、有効性、製造に関する国際基準を満たしているという保証を与えた」と述べた.

WHOは本日、緊急使用のためにSinovac-CoronaVac #COVID19ワクチンを検証し、国、資金提供者、調達機関、およびコミュニティに、安全性、有効性、および製造に関する国際基準を満たしているという保証を提供しました。
詳しくは https://t.co/Uy0xmGlAIT

— 世界保健機関 (WHO) (@WHO) 2021 年 6 月 1 日

このワクチンは、北京に本拠を置く製薬会社 Sinovac によって製造されています。 「世界は、世界中の巨大なアクセスの不平等に対処するために、複数のCOVID-19ワクチンを必死に必要としています」と、保健製品へのアクセスのWHO副局長であるMaringela Simao博士は述べました.

「製造業者にCOVAX施設に参加し、そのノウハウとデータを共有し、パンデミックの抑制に貢献することを求めます」とシマオ博士は述べた。

5 月 7 日、WHO は中国の Sinopharm COVID-19 ワクチンの緊急使用を条件付きで承認しました。これにより、ウイルスの急増の中で中国政府がワクチン外交を強化するのに役立ちました。

一方、中国は、緊急用ワクチンのうち約 5 種類を承認しており、特に、国内外で Sinopharm と Sinovac ワクチンを使用しています。

中国は、開発途上国にワクチンを提供するための WHO が支援するイニシアチブである COVAX 施設に 1,000 万回分のワクチンを提供しました。

WHO の緊急使用リスト (EUL) は、COVAX 施設のワクチン供給および国際調達の前提条件です。 また、各国が COVID-19 ワクチンを輸入して管理するための規制当局の承認を早めることができます。

WHO はすでに、Pfizer/BioNTech、Astrazeneca-SK Bio、Serum Institute of India、Astra Zeneca EU、Janssen、Moderna、Sinopharm ワクチンを緊急使用にリストアップしています。

中国の公式メディアによると、中国はこれまでに自宅で6億回分のワクチンを投与しています。 中国はまた、ワクチン外交の一環として、多くの国にワクチンの供給を急いでいます。

生放送

Back to top button