健康

WHO、ドイツ、フランスを無視してCOVID-19ワクチンブースターを投与する| 世界のニュース

パリ/ベルリン:ドイツとフランスは、世界中でより多くの人々がワクチン接種を受けるまで延期するという世界保健機関(WHO)の訴えを無視して、9月からCOVID-19ワクチンブースターを進めます。

WHOからのこれまでで最も強力な声明にもかかわらず、ブースターショットを推進するという決定は、各国がより感染性の高いデルタの亜種から自国民を保護しようとしている間、世界的大流行に対処するという課題を浮き彫りにします。

フランスのエマニュエルマクロン大統領は、フランスは9月から高齢者と脆弱な人々に3回目のCOVID-19ワクチン接種を展開することに取り組んでいると述べた。

マクロン氏はインスタグラムのアカウントで、「誰もがすぐにではなく、いずれにせよ最も脆弱で最も高齢者のために、3回目の投与が必要になる可能性が高い」と述べた。

ドイツは、9月から免疫不全患者、非常に高齢者、老人ホームの居住者にブースターを与える予定であると保健省は述べた。

WHOのチーフTedrosAdhanom Ghebreyesusは水曜日に、少なくとも9月末までワクチンブースターの停止を求め、先進国が世界のワクチン供給をこれ以上使用することは容認できないと述べた。

WHOによると、高所得国は5月に100人ごとに約50回の投与を行い、その後その数は2倍になりました。 低所得国では、物資が不足しているため、100人ごとに1.5回しか投与できませんでした。

テドロス氏は、「デルタの亜種から国民を守るというすべての政府の懸念を理解している。しかし、ワクチンの世界的な供給のほとんどをすでに使用している国を受け入れることはできない」と述べた。

ドイツはこれらの告発を拒否し、貧しい国々にも少なくとも3000万回分のワクチンを寄付すると述べた。

同省は、「ドイツの脆弱なグループに予防的な3回目の予防接種を提供すると同時に、世界中のできるだけ多くの人々の予防接種を支援したい」と述べた。

マクロン政府は、フランスが政府のCOVID政策に抗議して、ウイルスと街頭デモの第4波に直面しているため、フランスのワクチン接種プログラムを強化しようとしています。

フランスとドイツはこれまで、それぞれの人口の64.5%と62%に少なくとも1回のCOVID-19ワクチンを接種しており、フランス人の49%とドイツ人の53%が完全にワクチン接種されています。

Back to top button