USICOC財団は、COVIDに襲われたインドにさらに32台の人工呼吸器を出荷します| 世界のニュース

ヒューストン:米国インド商工会議所(USICOC)財団は、インドがCOVID-19パンデミックの致命的な第2波と戦うのを支援するために、さらに32台の携帯型人工呼吸器を出荷しました。

財団は、今後数日以内にいくつかの酸素濃縮器に加えて、25台の人工呼吸器の3回目の出荷を送る可能性があります。

ダラスフォートワースの米国インド商工会議所とグレーターヒューストンのインド系アメリカ人商工会議所(IACCGH)は、この取り組みにおいてテキサス州のインド系アメリカ人のディアスポラ全体を団結させるために協力しました。

IACCGHのエグゼクティブ/創設ディレクターであるJagdipAhluwaliaは、これらの取り組みに対して多くのコミュニティ組織と個々の事業主の功績を認めました。

Ahluwaliaはまた、Perimeter Global Logistics、Southwest Airlines、UnitedAirlinesのロジスティクスチームと貨物チームによる貢献を認めました。

IACCGHのTarushAnand会長は、「インドで起こっていることは悲痛なことですが、インド系アメリカ人のコミュニティが集まって、必要なときにインドの人々を支援するのを見るのは心強いことです。数十の民間ドナーやさまざまな組織がこれらを支援してきました。心を込めて努力します。」

DawoodiBohraコミュニティの代表でもあるヒューストンを拠点とする起業家AbeezerTyebjiは、100,000米ドル以上を寄付しました。

「イスラム教は私たちにすべての人類を助けることを教えています、そしてそれ自体、それがダウッディ・ボーラスの親族の一つであるため、この必要な時にインドを助けることは両方とも信仰の問題です」と彼は言いました。

USICOCの会長であるNeelGonuguntlaは、「この共同体の努力は、何百人もの心を助けることの結果です」と述べました。

IT ServeAllianceの社長であるRaghuChittimalaは、USICOC Foundationと提携し、100,000米ドル以上を寄付しました。

「私たちは、ITSERVEアライアンスコミュニティが私たちができるあらゆる方法で支援を提供するためにあなたの背中を持っていることをインドに知ってもらいたいのです。」

生放送

モバイルバージョンを終了