Categories
テクノロジー ニュース

ABLスペースシステムズは、RS1の打ち上げ失敗を電力損失のせいにしています

ワシントン—ABLスペースシステムズは、RS1ロケットの最初のステージでの火災に関連している可能性のある停電により、先週、車両の初打ち上げが失敗したと述べています。

1月18日にソーシャルメディアに投稿された声明の中で、ABLスペースシステムズは、コディアック島のアラスカのパシフィックスペースポートコンプレックスからのRS1小型ロケットの1月10日の初飛行の詳細なタイムラインを提供しました。同社は当初、離陸後に9つの第1段エンジンが同時に停止し、車両がパッドに落下して爆発したときに打ち上げに失敗したと述べていました。

ABLは新しい声明で、T+10.87秒で「ステージ1は完全にパワーを失った」と述べた。これにより推進剤バルブの電源が切れ、9つのE2エンジンがわずか232メートルの高度で停止しました。推力を奪われたロケットは、落下する前に2.63秒間上向きに惰性で進み、離陸した場所から20メートル未満の地面に衝突しました。

衝突時、ロケットはまだ推進剤の約95%を搭載しており、「激しい爆発と過圧波を引き起こし、近くの機器や施設に損傷を与えました」。その損傷には、ロケットの発射マウント、戦車、通信機器、統合機器を含むファブリック格納庫が含まれていました。ABLは、すべての破片は事前に指定された危険区域内に含まれており、衝突時にその地域に人はいなかったと述べた。

同社は、商業打ち上げのライセンスを取得した連邦航空局の監視下で、打ち上げの失敗をまだ調査しています。同社は、離陸後数秒の「公称外の圧力スパイクと温度上昇」や、火災や煙の視覚的証拠など、エンジンベイで火災が発生した可能性があることを示唆するデータを検討していると述べた。

「停電の少し前に、いくつかのセンサーが順次ドロップアウトし始めました。この証拠は、不要な火災がアビオニクスシステムに広がり、システム全体の障害を引き起こしたことを示唆しています」と同社は述べています。

ABLは、調査で障害の単一の根本原因を特定できなかった場合、何らかの形で障害の原因となった可能性のあるすべての「望ましくない状態」を調査し、それらに最善の対処方法を決定すると付け加えました。

同社は、調査を完了し、2回目の打ち上げの試みを準備するためのタイムラインを提供しませんでした。テストの準備ができている2番目のRS1ロケットの両方の段階を完了し、調査が続く間、損傷したパッドを修復すると述べました。「異常調査の結果が出るまで、これらの取り組みの予想されるタイムラインについてさらに共有する準備ができています。」

ABLはベンチャーキャピタル企業から数億ドルを調達しており、2021年10月のラウンドでは24億ドルと評価されました。ロッキードマーティンは戦略的投資家であり、主要な顧客でもあり、2021年4月に10年の終わりまでに58ものRS1の打ち上げ契約を締結しました。また、2023年後半にシェトランド諸島のサクサヴォード宇宙港から「英国パスファインダー」の打ち上げを行うためにRS1を選択しました。.