Categories
エンターテイメント スペース テクノロジー ニュース

NASAはICON宇宙船との接触を失う

ワシントン—3年前に打ち上げられたNASAの宇宙科学宇宙船は、ある種の技術的な問題に苦しんだ後、ほぼ2週間コントローラーと連絡が取れていません。

NASAは12月7日、電離層コネクションエクスプローラー(ICON)宇宙船が11月25日以降地上局と通信していないと発表しました。2019年10月に打ち上げられた宇宙船は、この事件の前にNASAによって報告された大きな問題を経験していませんでした。

契約の喪失は、宇宙船で8日間の「コマンド損失タイマー」をトリガーし、8日後にシステムをリセットしました。NASAは、その電源サイクルを完了した後でも、宇宙船との接触をまだ回復していないと述べた。

当局によると、エンジニアは問題が宇宙船のアビオニクスまたは通信サブシステムにあると考えていますが、トラブルシューティングをサポートする情報はほとんどありません。「チームは現在、宇宙船の健全性を判断することができず、ダウンリンク信号の欠如はシステム障害を示している可能性があります」と述べました。

NASAは、国防総省の宇宙監視ネットワークによる低軌道宇宙船の観測により、ICONは無傷であると結論付けたと指摘し、デブリの衝突の爆発による宇宙船の損傷を除外したと述べた。

2億5200万ドルのICONミッションは、電離層の変動を引き起こすものをよりよく理解するために、地球の電離層の宇宙天気と地上の天気との相互作用を研究するために設計されました。これには、2022年1月に太平洋で発生したフンガトンガ-フンガハアパイ火山噴火が電離層に影響を及ぼし、電流を乱したことを示す測定が含まれていました。

ICONは2021年後半に2年間のプライマリミッションを完了し、暫定的に延長されたミッションにありました。ICONは、2023年にNASAがミッションを延長すべきかどうかを判断するための太陽物理学ミッションの次のシニアレビューの一部になります。NASAは、2023会計年度にICONの運用に670万ドルを費やすと予測しています。

Categories
スペース ニュース

NASAがボーイング・ノースロップ合弁会社に単独のSLS賞を授与するケースを概説

ワシントン – 調達文書は、NASAがスペース・ローンチ・システム・ロケットを製造するための長期契約を授与する予定の合弁会社の設立に新たな光を当てている。

NASAは10月12日、最大20回のSLS打ち上げで計画されている探査生産運用契約(EPOC)の完全かつオープンな競争以外の正当化として正式に知られている文書を発表した。この文書は、7月26日に事前勧誘声明で発表されたNASAの理論的根拠を説明しており、競争を開催するのではなく、EPOC契約を単独で調達する。

この契約は、ボーイングとノースロップ・グラマンの合弁会社であるディープ・スペース・トランスポート(DST)に単独で供給され、その存在は事前勧誘声明の発表前に企業やNASAによって公表されていなかった。ボーイングは現在、SLSのブロック1Bバージョンで使用されるSLSコアステージと探査アッパーステージの元請け業者であり、ノースロップグラマンはSLSの5セグメント固体ロケットブースターの元請け業者です。

正当化文書によると、ディープ・スペース・トランスポート以前のものは、ボーイング、ノースロップ、エアロジェット・ロケットダイン、その他の企業を含むチームであるプロジェクト・エタでした。プロジェクト・イータは、提案されたEPOC契約に関してNASAが2021年10月に発行した情報要求(RFI)に対応する4つの団体の1つでした。プロジェクト・イータは「EPOCの打上げサービスニーズを満たすためのJV(合弁事業)の策定を提案する徹底的な対応を提供した」とNASAは述べた。

Project Etaの回答では、契約のための「単一の説明責任のある顧客インターフェース」と、コスト削減をもたらす17の不特定の「手頃な価格の効率イニシアチブ」の重要性が強調されました。NASAはEPOCの正式なコストを設定していないが、NASAの当局者は以前、飛行あたりのコストを50%以上削減することについて議論していた。

RFIには、All Points、Barrios Technology、SAICの3つの組織もRFIに回答した。しかし、彼らの誰もEPOC契約を引き受けることを提案しておらず、代わりにRFIのさまざまな側面についてコメントした。

NASAは、米国宇宙軍によるものとともに、他の打ち上げ契約を検討したと述べ、SLSブロック1Bのペイロード容量である「月以降への1回の打ち上げで42t(メートルトン)を持ち上げるという要件は含まれていない」と指摘した。同機関は、RFIの回答と研究は「既存のSLSハードウェアを使用した打ち上げサービスのための実行可能な代替案についての知識をもたらさず、NASAが計画している唯一の情報源アプローチを検証した」と結論付けた。

事前勧誘声明の発表前のある時点で、「プロジェクト・イータは、調達プロセスを進めるために正式な企業構造が必要であると知らされた」とNASAの文書は指摘しており、誰がその要件をチームに具体的に通知したかは明らかにしていない。「ボーイングとノースロップ・グラマンの合弁会社であるディープ・スペース・トランスポートは、プロジェクト・エタを置き換えるために設立されました。

NASAの文書は、DSTが6月6日に設立されたことを他の場所で指摘しています。州のデータベースによると、同じ名前の会社が同じ日にデラウェア州で設立されました。DSTはボーイングとノースロップの合弁会社であるが、NASAはSLSの中核段階で使用されるRS-25エンジンと探査上段のRL10エンジンを提供するエアロジェットロケットダインと「戦略的に連携」していると述べている。

NASAは、その事前勧誘声明に対して、その身元が正当化文書で編集されている1つの応答を受け取ったと付け加えた。「この提出書類の分析では、EPOC要件の唯一のソース契約をDSTに授与するというNASAの意図を変更する追加情報や能力は得られなかった」と述べている。

文書の大部分は、NASAがボーイング、ノースロップ、エアロジェットとEPOCで協力することの理論的根拠を説明し、SLSに関する広範な作業と、別の会社による複製に最大10年かかる可能性のあるインフラストラクチャへのアクセスを引用した。そのため、NASAは「DSTはSLS車両を使用してEPOCの下で打上げサービスを提供する唯一の責任ある情報源であり、他のサービスはNASAの要件を満たすことはない」と結論付けた。

NASAは正当化声明の中で、EPOC契約のオプションを行使する前に「代替ソリューションまたは新しい情報源」を探すと付け加え、現在提案されているように、アルテミス5から9のミッションをカバーし、アルテミス10から14までのオプションと10の非アルテミス打ち上げのオプションを含む。

Categories
スペース ニュース

NASAがアルテミスの有人月着陸船2機の提案を要請

パリ – NASAは、アルテミス計画のための2番目の有人月着陸機の提案の要求をリリースし、スペースXによって開発中のスターシップ着陸機に参加しました。

NASAは、月面開発維持(SLD)プロジェクトの計画を発表し、業界のフィードバックを求める提案の草案を発表してから約6ヶ月後の9月16日に、提案の募集を発表した。同庁は、2023年5月に賞を予定している提案書の受領期限を11月15日に設定しました。

選ばれた会社は、2025年までにSpaceXによって行われるアルテミスキャンペーンの最初の有人着陸であるArtemis 3の後のミッションをサポートする着陸機を開発する予定です。受賞した会社は、2020年代後半にアルテミス5ミッションよりも早く無人着陸を行い、その後、SpaceXとともに、後のミッションの月面着陸サービス契約を完了する資格があります。

「この勧誘の下で行われた作業は、現在行われている着陸機の開発と研究に加えて、長期的な深宇宙探査の基盤を構築するのに役立ちます」とNASAのマーシャル宇宙飛行センターの有人着陸システム(HLS)プログラムのマネージャーであるリサ・ワトソン・モーガンは、提案の募集のリリースに関する声明で述べた。

3月、NASAは月面開発の維持を、HLSプログラム全体で競争するという議会への約束を果たしていると請求した。「私は競争を約束したので、ここにあります」とNASAのビル・ネルソン長官は3月のプロジェクトの発表で言いました。

受賞した企業は、着陸船がPolar Sortie Missionと呼ばれる概念的な月面着陸船ミッションの要件を満たすことができることを証明する必要があります。このミッションでは、2人の宇宙飛行士を月面に最大6.25日間滞在させ、計画された4人と偶発的なムーンウォーク1人をサポートする。

後のポーラー・エクスカーション・ミッションでは、着陸船は4人の宇宙飛行士を月面に輸送し、33日間そこに滞在する必要があります。そのミッションでは、着陸地点に宇宙飛行士がミッション中に滞在する生息地など、他の資産があることを前提としているため、着陸船から生息地まで往復するムーンウォークは1往復しか必要としません。企業はまた、着陸船が月の南極以外の地域への短期滞在ミッションをどのように支援し、貨物を輸送するために使用できるかを示すこともできます。

2021年4月にSpaceXが優勝した最初のHLSコンペティションには、Blue OriginとDyneticsが率いるチームからの入札も含まれていました。これらの企業は政府説明責任局にこの賞に抗議したが、政府説明責任局は3ヶ月後に抗議を拒否した。Blue Originはその後、連邦裁判所に訴訟を起こし、連邦裁判所は同社に不利な判決を下し、NASAがSpaceXを進めることを許可した。

Blue OriginもDyneticsも、Sustaining Lunar Development Programに入札する意向を正式に発表していないが、Blue Originのウェブサイトには「Artemis Lander」のプレースホルダーページがある。

また、HLSに入札した「ナショナルチーム」のドレイパー、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマンなど、ブルー・オリジンのパートナーが新しいコンペティションでブルー・オリジンに再び加わるかどうかも不明です。ロッキードとノースロップの関係者は、3月にプロジェクトが発表された直後、当時は選択肢を検討していたと述べ、非コミットだった。

「私たちはSLDを検討しています。明らかに、これは私たちにとってチャンスです」と、ロッキード・マーティン・スペースのエグゼクティブ・バイスプレジデント、ロバート・ライトフットは、最初のアルテミス1の打ち上げの試みの前に8月28日のインタビューで語った。彼は、同社は提案でどの企業と協力するかを決定したが、それらを開示する準備ができていないと述べた。

Categories
スペース ニュース

ボーイングは、その収益に対して別のスターライナーの告発を取る

ワシントン – ボーイングは7月27日、同社とNASAが宇宙飛行士を乗せた車両の初飛行に近づくにつれて、CST-100スターライナーの商業乗組員プログラムのために、収益に対して別の告発を受けると述べた。

ボーイングは、第2四半期の決算発表で、5月に行われた2回目の無人試験飛行であるOFT-2に関連する「打ち上げマニフェストの更新と追加費用に牽引された」商業乗務員プログラムから、当四半期に9300万ドルの請求を計上したと述べた。

同社は、起訴の原因となった特定の問題について詳述せず、同社の民間旅客機プログラムが支配する金融アナリストとの決算会見でプログラムについて簡単に言及しただけだった。

「それは重要でした。ボーイングの私たち全員にとって、軌道に乗るのは感情的な「アップ」でした」と、ボーイングの社長兼最高経営責任者(CEO)であるDavid Calhounは、OFT-2テストに言及して電話で述べました。彼は後に、このミッションを「ボーイング社にとって極めて重要で感情的なテストであり、私たちはそれについて気分が良く、有人飛行の準備ができています」と述べました。

ボーイングは現在、スターライナーの開発に関連する6億8,800万ドルの費用を計上しています。同社は、最初の失敗した軌道飛行テストミッションの1ヶ月後の2020年1月に、問題を調査し、2回目のミッションを飛行するための費用を賄うために、4億1,000万ドルの費用を負担しました。同社は、バルブの問題により昨年8月にOFT-2の打ち上げが遅れた後、2021年10月に収益に対して1億8,500万ドルの追加請求を受けました。

しかし、5月の6日間のOFT-2ミッションはおおむね成功し、宇宙船の打ち上げ中に大きな問題は報告されず、国際宇宙ステーションとドッキングして地球に戻った。これにより、スターライナーの宇宙飛行士を乗せた初飛行、クルー・テスト・フライト(CFT)を年末までに進める可能性が残る。

「スターライナーがISSとドッキングし、今年後半のクルー飛行試験の舞台を整え、ISSミッションにとって非常に重要な国内冗長性を達成したのを見ました」と、ボーイングのISS担当副社長兼プログラムマネージャーのジョン・マルホランドは、7月26日のISS研究開発会議での発言で述べました。

NASAは6月16日、CFTが当初計画していた3人の宇宙飛行士ではなく、スニ・ウィリアムズとブッチ・ウィルモアの2人の宇宙飛行士を飛行させると発表した。ウィリアムズは最初の運用中のスターライナーミッションであるスターライナー-1からCFTに引き上げられた。もともとCFTに配属されていたニコール・マンは、昨年、9月に打ち上げられたスペースXのクルー5ミッションに再配属された。同じくCFTに配属されていたマイク・フィンケは、CFTのバックアップとしてトレーニングを行い、今後のフライト任務に備えられる予定です。

NASAが当時発表したCFTミッションは、最大6ヶ月間ステーションに留まることを提案してから2週間後に続きます。2週間のミッションは「CFTのNASAとボーイングのすべてのテスト目標を達成するのに十分であり、クルードラゴンは現在クルーローテーションミッションを処理しているため、より長い滞在は必要ありません。

CFTが成功すれば、スターライナーは2023年春に打ち上げられたSpaceX Crew-6ミッションの後、2023年秋にも運用ミッションを開始することができます。これは、2014年に授与された商業乗組員輸送能力(CCtCap)契約の下での6つのミッションの最初のものです。NASAは、独自のCCtCapの連絡先の下でSpaceXに授与された6つのフライトにすでに3つのフライトを追加しており、6月1日にさらに5つを追加する意向を発表しました.

Categories
スペース ニュース

NASAは、次のカウントダウンテストのためにSLSの6月上旬の展開を計画しています

ワシントン – NASAは、以前のテストからの車両の修理を完了し、6月中旬にスペースローンチシステムの別の練習カウントダウンを実行する準備をしています。

NASAは5月20日、ケネディ宇宙センターの車両組立棟から6月上旬に第39B発射施設にSLSを配備し、液体酸素と液体水素推進剤で満たされ、コアステージの4基のRS-25エンジンの点火直前に停止するカウントダウンを通過するウェットドレスリハーサル(WDR)の次の試みを行う予定だと述べた。

NASAは4月にパッドでWDRを完成させようと3回試みたが、一連の問題の後、3つすべてを早期に停止した。当局は4月26日にSLSをVABに戻し、車両とその地上システム、およびパッドでの窒素ガスの供給に関する両方の問題を解決しました。

声明の中でNASAは、作業員が上段のヘリウムチェックバルブを交換し、臍帯の水素漏れを修正するなど、車両の作業を完了したと述べた。乗組員はまた、要素から保護するために、上段につながる臍帯の「パージブーツ」を修正しました。

NASAは、KSCの発射台やその他の施設に窒素ガスを供給する請負業者であるエア・リキードが、SLSの運用をサポートするのに十分なガスが利用可能になることを保証するアップグレードを完了したことを確認した。

ケネディ宇宙センター(KSCのジャネット・ペトロ)所長は5月18日のブリーフィングで、窒素ガスシステムのテストは前夜に行われ、うまくいったと述べた。「6月上旬にロールアウトし、ウェットドレスを完成させることに本当に満足しています。

NASAは、次のWDRの試みの日付を、ロールアウトから約14日後を除いて与えた。しかし、5月18日のブリーフィングで、NASAのボブ・カバナ副長官は、次の試みは6月18日から20日になると見積もっていると述べた。

NASAの当局者は以前、WDRの完成と飛行準備に必要な作業の評価が終わるまで、アルテミス1の無人ミッションの打ち上げ日を設定しないと述べていた。しかし、NASAのビル・ネルソン長官は5月17日、下院の予算執行官に、8月に打ち上げられることを期待していると語った。

NASAが5月16日に発表した最新のスケジュールによると、アルテミス1ミッションの次の打ち上げ期間は7月26日から8月10日ですが、8月1日、2日、6日の打ち上げは不可能です。次のウィンドウは 8 月 23 日に開き、9 月 6 日まで実行されますが、8 月 30 日から 9 月 1 日までは起動しません。打ち上げ窓は、SLSがオリオン宇宙船を月に送り、カリフォルニア沖の昼間にスプラッシュダウンに戻るための軌道の可用性など、いくつかの要因によって制約されています。