Categories
エンターテイメント スペース

メタバースのビジネスツールが日本年次技術ショーに出展

国内外の企業が、月曜日にメディアに公開された日本の大手エレクトロニクスショーで、メタバース(人々が働き、買い物をし、社交できる仮想世界)に関連する次世代のビジネスツールを展示しています。

東京近郊の幕張メッセコンベンションセンターで火曜日から金曜日まで一般公開される毎年恒例のショーは、コロナウイルスのパンデミックにより、過去2年間にオンラインで開催されました。

Facebookのソーシャルネットワーキングサービスを所有するMeta Platforms Inc.は、バーチャルリアリティヘッドセットを装着した参加者が、海辺のスイートや教室などのさまざまな仮想環境でアバターの形でビジネスミーティングを開催できるHorizon Workroomメタバースサービスを実証しています。

メタプラットフォームス株式会社は、2022年10月17日に東京近郊の千葉で開催されるエレクトロニクス展示会で、バーチャルリアリティヘッドセットを装着した参加者が、さまざまなバーチャル環境でアバターの形で商談を行えるメタバースサービスを披露しました。(共同通信)

メタバースに焦点を当てるために昨年社名を変更した同社は、仮想領域はゲームやエンターテイメントに限定されないと言います。

「メタバースのビジネス応用には大きな可能性を秘めています」と、同社の日本ユニットのコミュニケーション責任者である森村妙子氏は述べています。「当社の製品を通じて、ビジネスにどのように使用できるかを多くの方に体感していただきたいと考えています。

日本の大手印刷会社であるトッパン株式会社は、車や家庭で使われているさまざまな色や素材のディテールを、まるで本物のショールームにいるかのように見ることができるバーチャルショールームをメタバースに構築しました。

トッパンのメタバース事業本部長である鈴木隆氏は、同社が仮想ショールームで競争上の優位性を持っているのは、さまざまな企業の製品カタログを作成することで豊富な製品データを蓄積しているからだと語った。

「私たちは彼らの製品をメタバースで再現することができます。それが私たちの強みです」と鈴木氏は言う。「私たちは企業間取引を超えて、一般の消費者にもアプローチしたいと考えています。

東京を拠点とするデジタル広告会社バスキュール社は、宇宙航空研究開発機構の協力を得て、メタバースに再現された国際宇宙ステーション周辺のVRヘッドセットツアーを提供しています。

「私たちは、何が本物で何がバーチャルなのかを統合したい」と、同社のプロデューサーである南郷留美子氏はツアーについて語った。「メタバースは、普段はアクセスできない場所に行くことを可能にします。

グリーンテクノロジーもエレクトロニクスショーの人気テーマで、ソニーグループ(株)は電気自動車「Vision-S」を展示しています。同社は、地元で発電され、マイクログリッドを介して伝送される再生可能エネルギーを将来的に車両に電力を供給する方法を模索していると述べている。

シャープ(株)は、屋内照明の発電効率が現行製品の2倍の次世代ソーラーパネルを展示しています。

主催者によると、今年は27の国と地域から146の企業と団体を含む合計562の企業と団体が参加しているという。