Categories
スペース ニュース

ボーイングは、その収益に対して別のスターライナーの告発を取る

ワシントン – ボーイングは7月27日、同社とNASAが宇宙飛行士を乗せた車両の初飛行に近づくにつれて、CST-100スターライナーの商業乗組員プログラムのために、収益に対して別の告発を受けると述べた。

ボーイングは、第2四半期の決算発表で、5月に行われた2回目の無人試験飛行であるOFT-2に関連する「打ち上げマニフェストの更新と追加費用に牽引された」商業乗務員プログラムから、当四半期に9300万ドルの請求を計上したと述べた。

同社は、起訴の原因となった特定の問題について詳述せず、同社の民間旅客機プログラムが支配する金融アナリストとの決算会見でプログラムについて簡単に言及しただけだった。

「それは重要でした。ボーイングの私たち全員にとって、軌道に乗るのは感情的な「アップ」でした」と、ボーイングの社長兼最高経営責任者(CEO)であるDavid Calhounは、OFT-2テストに言及して電話で述べました。彼は後に、このミッションを「ボーイング社にとって極めて重要で感情的なテストであり、私たちはそれについて気分が良く、有人飛行の準備ができています」と述べました。

ボーイングは現在、スターライナーの開発に関連する6億8,800万ドルの費用を計上しています。同社は、最初の失敗した軌道飛行テストミッションの1ヶ月後の2020年1月に、問題を調査し、2回目のミッションを飛行するための費用を賄うために、4億1,000万ドルの費用を負担しました。同社は、バルブの問題により昨年8月にOFT-2の打ち上げが遅れた後、2021年10月に収益に対して1億8,500万ドルの追加請求を受けました。

しかし、5月の6日間のOFT-2ミッションはおおむね成功し、宇宙船の打ち上げ中に大きな問題は報告されず、国際宇宙ステーションとドッキングして地球に戻った。これにより、スターライナーの宇宙飛行士を乗せた初飛行、クルー・テスト・フライト(CFT)を年末までに進める可能性が残る。

「スターライナーがISSとドッキングし、今年後半のクルー飛行試験の舞台を整え、ISSミッションにとって非常に重要な国内冗長性を達成したのを見ました」と、ボーイングのISS担当副社長兼プログラムマネージャーのジョン・マルホランドは、7月26日のISS研究開発会議での発言で述べました。

NASAは6月16日、CFTが当初計画していた3人の宇宙飛行士ではなく、スニ・ウィリアムズとブッチ・ウィルモアの2人の宇宙飛行士を飛行させると発表した。ウィリアムズは最初の運用中のスターライナーミッションであるスターライナー-1からCFTに引き上げられた。もともとCFTに配属されていたニコール・マンは、昨年、9月に打ち上げられたスペースXのクルー5ミッションに再配属された。同じくCFTに配属されていたマイク・フィンケは、CFTのバックアップとしてトレーニングを行い、今後のフライト任務に備えられる予定です。

NASAが当時発表したCFTミッションは、最大6ヶ月間ステーションに留まることを提案してから2週間後に続きます。2週間のミッションは「CFTのNASAとボーイングのすべてのテスト目標を達成するのに十分であり、クルードラゴンは現在クルーローテーションミッションを処理しているため、より長い滞在は必要ありません。

CFTが成功すれば、スターライナーは2023年春に打ち上げられたSpaceX Crew-6ミッションの後、2023年秋にも運用ミッションを開始することができます。これは、2014年に授与された商業乗組員輸送能力(CCtCap)契約の下での6つのミッションの最初のものです。NASAは、独自のCCtCapの連絡先の下でSpaceXに授与された6つのフライトにすでに3つのフライトを追加しており、6月1日にさらに5つを追加する意向を発表しました.