Categories
スペース ニュース

SLSがアルテミス1の打ち上げのためにパッドに到着する

ワシントン – NASAの宇宙発射システムは、来月上旬までに持ち上げるつもりで、8月17日に発射台に3回目の旅行をしました。

SLSとオリオン宇宙船を乗せた移動式発射プラットフォームは、8月16日東部時間午後10時頃にケネディ宇宙センターの車両組立棟を出発し、8月17日東部午前8時に第39発射施設Bに到着した。

これはSLS/Orionスタックの3回目のロールアウトであり、3月と6月にカウントダウンリハーサルのために以前にロールアウトされ、ほとんどファンファーレなしで行われました。ウェットドレスリハーサル(WDR)として知られる初期のテストでは、ロケットのコアステージと上段には液体酸素と液体水素推進剤が装填され、コアステージのエンジンが点火する直前に停止することを意図したカウントダウンを通過しました。NASAは4月と6月に4つのWDRを実施し、6月20日の4回目のテストの後、早期に停止したにもかかわらず成功を宣言した。

ロケットが着陸台に戻った今、打上げ前の準備は「過去にやったことと非常によく似ている」とNASAアルテミス1の打ち上げディレクター、チャーリー・ブラックウェル・トンプソンは8月3日のブリーフィングで語った。NASAは打ち上げの準備のために発射台で11日間の作業キャンペーンを計画したが、車両は1日早くロールアウトし、天候や技術的な問題が発生した場合にスケジュールに余裕を与えた。

その作業には、パッドでのデータ、電力、その他の商品の接続のチェック、および油圧パワーユニットにヒドラジンを燃料供給して推力ベクトル制御システムを動作させる固体ロケットブースターの整備が含まれます。また、パッドでの車両の「プログラム固有のエンジニアリングテスト」もあるだろう、と彼女は言った。

最初の打上げ機会である8月29日東部午前8時33分に開く2時間の窓口では、カウントダウンは48時間近く前に要員のための「ステーションへの電話」から始まり、離陸の約8時間前に車両のタンキングが始まります。

ブラックウェル・トンプソン氏によると、WDRからの変更点の1つは、タンキング開始前のカウントダウンの保留が1時間長くなったことだ。「ウェットドレスの積み込み作業の一環として、少し時間が必要であることに気付き、予定どおりに打ち上げられるようにすべてのセットアップと構成が確実に行われるようにしたかったのです」と彼女は言います。

「打ち上げのカウントダウンを続ける中で、私たちはいくつかのことを学び続けると思いますが、準備のどこにいるのかに非常に満足しています」と彼女は言いました。

8月29日の打ち上げでは、42日間のアルテミス1号ミッションが開始され、オリオン宇宙船を月の周りの遠くの逆行軌道に送り込み、宇宙船をテストしてから地球に戻ってカリフォルニア州サンディエゴ沖に飛び散る。バックアップのローンチの機会は9月2日で、午後12時48分に2時間のウィンドウが開きます。東部;9月5日、東部標準時午後5時12分に90分のウィンドウが開きます。