健康

SAJAは、ニュース会社が新しいCOVID株に「インディアンバリアント」という用語を使用することを思いとどまらせています。 世界のニュース

ニューヨーク:南アジアジャーナリスト協会(SAJA)は、インドから発信されたと報告されているCOVID-19の新株を説明する際に、「インドの亜種」または「インドの亜種」という用語を使用しないように報道機関に助言しています。

声明の中で、協会は、そのガイダンスは、2015年に世界保健機関(WHO)によって発行されたベストプラクティスに沿っていると述べました。そこに住んでいる。

「何年にもわたって、特定の病気の名前は、特定の宗教的または民族的グループのメンバーに対して口頭、身体的、または社会的な反発を引き起こしました。最新の例は、中国の武漢で最初に検出されたCOVID-19です。アジア系アメリカ人に対するヘイトクライムの最近の増加に対する「中国ウイルス」や「武漢ウイルス」のような用語」とSAJAは述べた。

協会は、ジャーナリストがインドでのコロナウイルスの急増を継続的に報道することに注意を払うことを奨励し、南アジアのコミュニティを公正かつ正確に報道するために利用できると述べた。

「SAJAは、コロナウイルスの現在または将来の亜種に同じガイダンスを適用することを推奨しています」と述べています。 「二重変異体」として知られるB.1.617-この名前は、この新しい株で初めて一緒に出現し、インドの西部で最初に検出された他の変異体で見つかった2つの注目すべき変異に由来します。

現在、B.1.617とB.1は、4月のデータの陽性から南インドのサンプルから特定された主要な菌株であり、非常に感染性が高く、成人以外の若い年齢層にも広がっています。

過去24時間に合計4,14,188件の新しいCOVID-19症例が記録され、インドは2日連続で最高の1日スパイクを再び報告しました。 これにより、国内の累積症例数は2,14,91,598に達し、ユニオン保健省に通知されました.3,915の新しいCOVID関連の死亡が登録され、国内の総死亡者数はさらに2,34,083になりました。

生放送

Back to top button