健康

PMはCOVIDの混乱を辞任する。 深刻な脅威にさらされている日本| 世界のニュース

東京:菅義偉首相は金曜日(9月3日)、日本の与党である自民党(LDP)の指導者に立候補しないと発表した。 この発表は、彼がCOVID-19パンデミックに対処したことに対する批判が高まっている中で行われました。 日本の菅義偉首相は辞任し、不人気なCOVID-19の反応と急速に減少する国民の支持によって、1年間の任期が損なわれた後、新しい首相の舞台を整えると述べた。

菅首相は金曜日、9月29日に予定されている党首コンテストに出馬しないことを発表した。つまり、首相に就任することになる。 菅氏は党選挙で後継者が選出されるまで存続することが期待されている。

菅の発表から数時間後、放送局のTBSは、情報源を引用せずに、河野がリーダーシップレースに出場するつもりであると報告した。 しかし、河野氏は立候補を宣言することをやめ、記者団に最初に党の同僚に相談したいと言った。

ロイター通信によると、菅義偉首相の支持率は、今年の総選挙に先立って、COVID-19感染の最悪の波に苦しんでいるため、30%を下回っています。

9月の自民党総選挙に出馬しないという菅氏の決定は、党が首相となる新党首を選出することを意味する。

安倍晋三が昨年9月に体調不良で辞任した後、引き継いだ菅は、パンデミックの月のために2020年に延期されたオリンピックを主催した彼の最後の大きな成果を利用しませんでした。

(ロイター入力あり)

生放送

Back to top button