健康

G7 諸国、世界最大の多国籍企業に課税する歴史的合意に達する | 世界のニュース

ロンドン: 世界で最も裕福な国のグループが土曜日 (6 月 5 日) に画期的な合意に達し、世界最大の企業のいくつかが使用している国境を越えた税の抜け穴を閉じることにしました。

グループ オブ セブンは、最低でも 15% のグローバル法人税率を支持すると述べ、事業を行っている国で税金が確実に支払われるようにするための措置を講じると述べました。

英国のリシ・スナック財務相は記者団に対し、「何年にもわたる議論の後、G7の財務相は、グローバル税制を改革してグローバルなデジタル時代に適合させるという歴史的な合意に達した」と語った。

この協定は、来月の世界協定の基礎となる可能性があり、超低税率と免除で大企業を引き付けるために各国が競争してきた数十年にわたる「底辺への競争」に終止符を打つことを目的としています。

これにより、彼らの公的資金は数千億ドルもの損失を被った.この不足分は、コロナウイルス危機によって荒廃した経済を下支えするための巨額の費用を支払うために、より緊急に回収する必要がある.

閣僚は、COVID-19パンデミックの開始以来、初めてロンドンで顔を合わせました。

ロイターが閲覧した最終合意書の写しによると、G7閣僚は「国ごとに少なくとも15%の世界最低税を約束する」と述べた。

「私たちは、課税権の配分に関して公平な解決策に到達することを約束し、最大かつ最も収益性の高い多国籍企業の利益の10%を超える利益の少なくとも20%に対して、市場諸国が課税権を授与される」とテキストは付け加えた.

閣僚はまた、企業が環境への影響をより標準的な方法で宣言することで、投資家が投資するかどうかをより簡単に決定できるようにすることで合意した。これは英国の重要な目標である。

裕福な国は何年にもわたって、グーグル、アマゾン、フェイスブックなどの大規模多国籍企業からより多くの収入を得る方法について合意するのに苦労してきた.

ジョー・バイデン米大統領の政権は、アイルランドなどのレベルを上回るが、G7の最低レベルを下回る15%の最低グローバル法人税率を提案することで、停滞した協議に新たな弾みを与えた.

生放送

Back to top button