健康

G7は10億回のCOVID-19ワクチンを世界に寄付する可能性が高いと英国は間もなく発表すると発表世界のニュース

ロンドン:グループオブセブン(G7)のリーダーは、用量の共有と資金調達を通じて、世界に少なくとも10億回のコロナウイルスワクチンの用量を提供すると発表する予定であると英国は発表しました。

イングランド南西部でG7サミットを主催している英国は、来年中に少なくとも1億回の余剰線量を寄付すると付け加えた。これには、今後数週間で始まる500万回が含まれる。

これは、より豊かな国々がCOVID-19ショットを発展途上国と共有するための努力を強化することを求める声が高まっている中で起こります。 Group of Sevenは、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成される裕福な民主主義の組織です。

「サミットで、世界の指導者たちは、用量分担と資金調達を通じて世界に少なくとも10億のコロナウイルスワクチン用量を提供し、その目標を達成するためにワクチン製造を拡大する計画を立てると発表することが期待されています」と発表した声明を読む英国首相官邸。

サミットでは、リーダーはワクチンの供給を国際的に拡大する方法についても話し合い、ボリス・ジョンソン首相はグループに、パンデミックの期間中、コストのかかるワクチンを提供するオックスフォード-アストラゼネカモデルを採用するよう製薬会社に奨励するよう求めます。

ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンは、開発途上国と非営利ベースで13億回分の線量を共有することをすでに約束しています。 指導者は、急性コロナウイルスの緊急事態を経験している国を支援するための追加の方法について話し合い、将来のパンデミックを防ぐためのメカニズムを導入することが期待されています。 これは、今年初めのG7首脳会議でのコミットメントに続くものです。

Back to top button