健康

COVID-19:WHOは、コロナウイルス起源の研究を継続するための新しい専門家グループを形成します| 世界のニュース

ジュネーブ:世界保健機関(WHO)は、COVID-19の起源を探る次のステップは、パンデミックの可能性のある病原体を研究するためのグローバルな枠組みを開発する新しい諮問グループの創設であると述べています。

「新規病原体の起源に関する国際科学諮問グループ(SAGO)は、WHOの新しい諮問グループであり、パンデミックの可能性がある将来の新たな病原体の出現を体系的に研究するためのグローバルフレームワークの開発についてWHOに助言する責任があります。 SARS-CoV-2については、2021年3月の報告書に概説されている推奨研究の迅速な実施を支援するだろう」と語った。

WHOは先月、武漢市の研究所と市場の監査を含む、中国におけるコロナウイルスの起源に関する研究の第2段階を提案しました。

一方、北京はWHOの提案を拒否した。 木曜日(8月11日)に発表された声明の中で、WHOはすべての政府に状況を非政治化するよう求めた。

「前進するために、WHOはすべての政府に状況を非政治化し、起源研究を加速するために協力し、そして重要なことに、パンデミックの可能性のある将来の新興病原体のための共通の枠組みを開発するために協力することを要求する」と声明は読んだ。

WHOは、中国を含むすべての国が協力し、「実験室仮説」を適切に調査するために武漢にさらに多くの任務を送るための条件を整えることができることへの希望を表明した。

WHOは、2020年3月11日にCOVID-19の大流行を宣言しました。米国に本拠を置くジョンズホプキンス大学によると、これまでに世界中で2億500万人以上がコロナウイルスに感染し、430万人以上が死亡しました。

2019年後半に最初のCOVID-19の発生が報告された、中国の武漢への最初のWHO事実調査ミッションは、3月にその報告を発表しました。

WHO主導の科学者チームは、中国が事前に行っている研究を明確に把握するのに苦労し、訪問中に制約に直面し、徹底的で公平な研究を行う力がほとんどありませんでした。

生放送

Back to top button