健康

COVID-19:ワクチンの安全性についての懸念はありません、ファイザーはインドに言います| 世界のニュース

ニューデリー:ファイザー社は月曜日、感染症の記録的な急増と投与量の不足にもかかわらず、国が外国のショットのための小規模な地元の試験を主張しているので、COVID-19ワクチンの安全性について懸念はないとインド政府に伝えたと述べた。

4月中旬に政府は、西側と日本で承認された外国のワクチンをインドで販売することを容易にしましたが、企業は緊急使用許可を受け取ってから30日以内に現地の臨床試験を開始する必要があります。 以前は、企業は承認前に試験を行う必要がありました。

インドは、ファイザー、ジョンソン&ジョンソン、モダーナ社にワクチンの販売を依頼しましたが、まだ申請していません。

しかし、ファイザーは、以前の地方裁判規則をめぐって2月に最初の申請を取り下げた後、政府と新たな協議を行っていると述べた。

同社の広報担当者はロイター通信に対し、「ファイザーの緊急使用許可申請は、安全性を懸念することなく、全体の有効率が95%であることを示すデータで裏付けられた」と語った。政府。

彼女は、安全性と有効性のデータは、米国、英国、日本、および世界保健機関(インドが承認する機関)の規制当局によって裏付けられていたと付け加えました。

ドイツのパートナーであるBioNTechSEとワクチンを製造しているファイザーは、政府との契約を通じてのみ用量を供給することを繰り返した。

ワクチンの超低温保管要件(摂氏マイナス70度(-90 F))について尋ねられたファイザーは、特別に設計された温度制御されたサーマルシッパーを使用してワクチン接種センターにショットを届けることができると述べました。

用量は、超低温冷凍庫で最大6か月間、荷送人で5日ごとにドライアイスを補充することで最大30日間、または一般的な冷蔵および冷凍ユニットで5日間保管できると述べています。

Back to top button