健康

COVID-19:デルタの亜種が大混乱を引き起こしているため、日本は非常事態宣言を拡大する予定です。 世界のニュース

東京:COVID-19の急増が病院を圧倒しているため、日本は非常事態をさらに8都道府県に拡大し、合計21都道府県に拡大する予定であると、コロナウイルス対策担当大臣は水曜日に述べた。

西村康稔経済相は、国の47都道府県のほぼ半分をカバーする拡張は、外部の専門家のパネルによって承認されたと述べた。 水曜日の後半に行われる政府のタスクフォース会議で正式に承認される予定です。

「最も重要な任務は医療システムを強化することです」と西村氏は述べ、酸素ステーションと看護師の確保が優先事項の1つであると付け加えた。

デルタの亜種が急速に広まる中、市民が制限の下で生活にうんざりし、多くの企業が在宅勤務を促進するという繰り返しの要求を無視するにつれて、政府は感染を制御するのに苦労しています。

公共放送NHKは、火曜日に21,570人の新規症例と42人の死亡を報告した。 日本の致死率は約1.2%で、米国は1.7%、英国は2.0%です。

首都、東京、およびその周辺地域での数か月にわたる緊急の抑制は、感染の急増を逆転させることができず、市内の救命救急ベッドの約90%が占有されています。

「生産年齢人口統計は(感染の増加の背後にある)原動力です」と西村は言いました。 「私たちは人々の動きを半分にする必要があります。」

病院のベッドが満員になるか、定員に近づくと、多くの人が自宅で回復することを余儀なくされました。治療を受ける前に亡くなる人もいます。

最新の非常事態宣言では、金曜日から9月12日まで、北海道、愛知、広島、および日本列島にまたがる他の5つの都道府県が追加されます。

さらに限定された「準緊急」措置にさらに4都道府県が追加され、これらの規制下にある地域は合計12都道府県になると予想されます。

日本の規制は、一部の国で見られる封鎖よりも緩く、レストランを午後8時までに閉店してアルコールの提供を停止することを義務付け、企業にスタッフの70%を在宅勤務させることを要求しています。

Back to top button