健康

COVID-19:サンダー・ピチャイ、パニー・レンジェン、シャンタヌ・ナライエンがパンデミック対応に関するグローバルタスクフォースに参加し、インドを支援| 世界のニュース

ワシントン:Googleの3人のインド系アメリカ人CEOであるSunder Pichai、DeloitteのPunit Renjen、AdobeのShantanu Narayenが、インドがCOVID19との戦いを成功させるための前例のない企業部門のイニシアチブを監督しているパンデミック対応に関するグローバルタスクフォースの運営委員会に加わりました。

木曜日に、3人のインド系アメリカ人CEOの名前が運営委員会のリストに追加されました。 3人のCEOは、インドでのCOVID-19危機に対する米国企業の対応を組織化することに積極的に取り組んできました。

木曜日にリストに追加された他の人は、ビル&メリンダゲイツ財団のCEO、マーク・スズマンです。 ビジネス円卓会議の社長兼最高経営責任者であるジョシュア・ボルテンと全米商工会議所の社長兼最高経営責任者であるスザンヌ・クラーク。

タスクフォースは、米国商工会議所によって組織され、ビジネス円卓会議によってサポートされている、新しく形成された官民パートナーシップです。 商工会議所の米印ビジネス評議会および米印戦略的パートナーシップフォーラムと協力して、インドでのCOVID-19の急増に対処するための迅速な行動をとっています。

これまでのところ、米国の企業部門は、インドに25,000を超える酸素濃縮器を投入しています。 デロイトが提供した最初の1,000個の酸素濃縮器は、FedExからの重要な後方支援を受けて、4月25日にインドに到着しました。

タスクフォースによると、これらのコンセントレーターは指定された医療施設に送られ、すぐに使用できるようになります。 人工呼吸器の最初の出荷は今週初めにインドに上陸しました。 1,000台の人工呼吸器はすべて6月3日までにインドに到着する予定です。

メドトロニックは、イニシアチブのエンドツーエンドのサポートを提供します。 タスクフォースの人工呼吸器イニシアチブには、16もの企業が参加しています。

タスクフォースによると、これらの企業は合わせて、酸素濃縮器の提供、情報の開発、インドの従業員をサポートするためのベストプラクティスへの取り組みを支援することを約束した数十の企業に加わり、インドの医療対応を支援するために3,000万米ドル以上を提供します。 。

タスクフォースによると、国は毎日400,000件以上の症例を報告しているが、インドの実際の症例率ははるかに高いと推定されている。 専門家は、危機は悪化するだけであり、インドのピークは5月中旬まで予想されないと予測している。

運営委員会の他のメンバーには、アクセンチュアのCEOであるジュリースウィートが含まれます。 アマゾンのCEOであるアンディ・ジャシー、アップルのCEOであるティム・クック、バンク・オブ・アメリカの取締役会会長兼CEOであるブライアン・モイニハン。 フェデックス社長、ラジ・サブラマニアム。 IBMの会長兼CEOであるArvindKrishna氏。

アメリカ赤十字社の社長兼最高経営責任者、ゲイル・マクガバン。 DHL Express、南北アメリカのCEO、MikeParra氏。 ダウ会長兼最高経営責任者ジム・フィッタリング。 ジョンソン・エンド・ジョンソン取締役会会長兼最高経営責任者、アレックス・ゴルスキー。 Mastercard、CEO、Michael Miebach; メドトロニックの会長兼最高経営責任者、ジェフ・マーサ。 マイクロソフトの社長、ブラッド・スミス。 ペプシコの取締役会会長兼最高経営責任者、ラモン・ラグアルタ。 UPSのCEO、キャロル・トム。 サンジャイプーネン、COO、VMware; ウォルマートインターナショナルの社長兼最高経営責任者であるジュディスマッケナもタスクフォースのメンバーです。

現在までに、45を超える米国の企業や団体がグローバルタスクフォースの活動に貢献してきました。 タスクフォースはインドでの差し迫ったニーズに最初の努力を集中しているが、他の国でのCOVID-19の急増に対処するために追加のワーキンググループが形成される。

タスクフォースは、運営委員会を通じて、企業支援が最も有益となる場所に努力を集中するよう努める、と述べた。

Back to top button