健康

COVID-19症例の急増の中で、インドはインドネシアから200の酸素濃縮器を受け取ります| 世界のニュース

ニューデリー:インドがCOVID-19の第2波との戦いを続けているため、インドネシアからの200人の酸素濃縮器の委託品が木曜日の早い時間(5月13日)にデリー空港に到着しました。

外務省(MEA)のスポークスマン、アリンダム・バグチ氏は、「数千年前の文明のつながりをさらに深める。友好的な海の隣国であるインドネシアからの200個の酸素濃縮器の出荷を歓迎する」とツイートした。

私たちの数千年前の文明のつながりをさらに深めます。 私たちの友好的な海の隣国インドネシアからの200の酸素濃縮器の出荷を歓迎します。 pic.twitter.com/jzeDcI6q1J

— Arindam Bagchi(@MEAIndia)2021年5月12日

インド空軍(IAF)は以前、インドネシアのジャカルタから4つの極低温酸素容器を空輸していました。

一方、フランス大使のエマニュエル・レナインは、水曜日(5月12日)に40トンの酸素の2回目の出荷がインドに到着したと伝えた。

レナイン氏はツイートの中で、「フランスのエア・リキード・グループから寄贈され、カタールに充填された40トンの酸素の2回目の出荷がムンバイに到着した。インド海軍のフリゲート艦INSタルカシュのおかげだ」と述べた。

COVID-19の大規模な急増の中で、インドはPPEキット、医療機器、酸素濃縮器、酸素濃縮器、その他の医療援助の形で世界的な支援を受けました。

英国、米国、ドイツを含む他のいくつかの国も、インドを支援する計画を発表しました。

水曜日(5月12日)の組合保健省のデータによると、過去24時間で4,205人のCOVID関連の死亡があり、インドは1日で最高の1日死亡者数の別の厳しい記録を報告しました。 最後の記録は5月7日に報告され、4,187人が死亡した。

過去24時間で合計3,48,421件の新しいCOVID-19症例と3,55,338件の退院が報告され、これまでの同国の陽性症例の総数は2,33,40,938件でした。これには1,93,82,642件の退院と2,54,197人が死亡。 現在、国内には37,04,099件のアクティブな症例があります。

生放送

Back to top button