COVID-19感染率が低下した後、イスラエルでは屋外マスク着用は不要になりました| 世界のニュース

テルアビブ:イスラエルでのCOVID-19感染率の著しい低下の後、国の保健省は日曜日(4月18日)から屋外でのフェイスマスクの強制着用をキャンセルしました。

「全国的に低い罹患率が続いていることを踏まえて…保健省の局長であるHeziLevy教授は、公衆衛生命令を修正し、野外でマスクを着用する義務がないようにしました。ロシアの報道機関スプートニクが引用したように、同省は土曜日に語った。

ジョンズホプキンス大学による最新の更新によると、この動きは、世界的なCOVID-19の死者が土曜日に300万人を超えたときに起こります。

最新のデータによると、世界中のCOVID-19症例の総数は、140,379,953人であり、世界中の死亡者数は3,007,708人です。

感染率の低下に続いて、イスラエル保健省は大規模な屋外の集会で顔の覆いを着用するように国民に助言し、マスクの着用は依然として屋内で義務付けられていると強調した、と通信社ANIは報じた。

報告によると、イスラエルは昨年12月20日にCOVID-19に対する人口の予防接種を開始し、世界で最も急速なワクチンの展開の1つを見てきました。

(ANIからの入力あり)

Exit mobile version