健康

COVID-19危機:米国からインドに派遣された5トンの酸素濃縮器| 世界のニュース

ワシントン:米国に本拠を置くインド政府当局者によると、300を超える酸素濃縮器が日曜日(4月25日)の朝にニューヨークからインドに派遣されました。

エアインディアのA102は、ニューヨークのジョンF.ケネディ国際空港から5トン(5000kg)の酸素濃縮器を貨物として輸送しており、月曜日(4月26日)正午までにデリーに着陸する予定です。

ワイドボディの旅客機は15時間以上ノンストップで運航します。 インドは致命的なCOVID-19の波を目撃しており、過去数日間から1日3万ルピー以上の症例が報告されています。

COVID-19感染の壊滅的な急増の中で、この国は深刻な酸素不足に直面しています。濃縮器の。

米国からインドへの次のフライトはニューアーク空港を出発し、4月27日にデリーに着陸する予定です」と米国に拠点を置くインド政府当局者はANIに語った。

当局者はまた、米国のインディアンミッションとエアインディアは、コンセントレーターだけでなく、酸素濃度計を含む他の医薬品を輸送するために、米国に拠点を置くドナーから要求と問い合わせを受けていると述べた。

「インド系アメリカ人のコミュニティ、NGO、個人は、インドでのパンデミックの影響を最も受けている人々に手を差し伸べる方法のロジスティクスについて質問している」と情報筋は付け加えた。

その日の早い段階で、米国のジョー・バイデン大統領は、前例のないCOVID-19危機に直面しているインドを「助ける」ことを決意していると述べた。

「パンデミックの初期に病院が緊張したため、インドが米国に支援を送ったように、私たちは必要なときにインドを支援することを決意している」とバイデンはツイートした。

米国は、インドでのCovishieldワクチンの製造に必要な原材料をインドに提供すると発表した。

この発表は、国家安全保障問題担当補佐官のジェイク・サリバンがインドのカウンターパートであるアジット・ドヴァルと電話で話し、最近のCOVID-19症例の急増を受けて、インドの人々に深い同情を表明した後に行われました。

ホワイトハウスからの読みによると、サリバンはアメリカのインドとの連帯を確認した。 米国とインドは、世界でCOVID-19の症例数が最も多い2つの国です。

インドは日曜日(4月25日)に、過去24時間で3,49,391件の新しいCovid-19症例と2,767人の死亡を報告しました。 連邦保健省によると、マハラシュトラ州、ウッタルプラデーシュ州、カルナータカ州、グジャラート州、ケララ州の5つの州が症例の54%を占めています。

生放送

Back to top button