健康

COVID-19ワクチンは「万能薬ではない」:北朝鮮| 世界のニュース

ソウル:北朝鮮のマスコミは火曜日、コロナウイルスとの長期にわたる戦いの可能性について警告し、世界の製薬会社によって開発されたワクチンは「普遍的な万能薬ではない」ことを証明していると述べた。

北朝鮮は昨年初めに国境を閉鎖する前に中国と貿易と人と人とのつながりを持っていたため、韓国当局は発生を否定することはできないと述べたが、国は公式に感染を確認していない。

与党労働党の公式新聞である労働新聞は、ワクチンの開発にもかかわらず、パンデミックは悪化しているだけだと述べた。

「さまざまな国によって競争的に導入された新しいコロナウイルスワクチンは、かつてこの恐ろしい病気との戦いを終わらせることができる人類への希望のかすかな光と見なされていました」と付け加えました。

「しかし、多くの国の状況は、ワクチンが決して万能薬ではないことを明確に証明している」と、海外での新規症例数の増加と安全性の懸念に関するニュース報道を引用して述べた。

それは人々に長引くパンデミックに備えるよう促し、それをアンチウイルス対策を強化し、金正恩首相と彼の党への忠誠を育む努力を要求する「避けられない現実」として説明した。

北朝鮮は、COVAX共有プログラムを通じて、今年の前半までに200万回近くのアストラゼネカのCOVID-19ワクチンを接種する予定でした。

しかし先月、北朝鮮の世界保健機関(WHO)の代表であるエドウィン・サルバドール氏は、韓国のメディアによると、GAVIアライアンスを理由に、供給不足のために出荷が遅れたと述べた。

ロイターへのコメントで、サルバドールは北朝鮮がワクチンを受けるために必要な技術的要件を完了していると述べたが、詳しく述べなかった。

COVAXとWHOを共同でリードするGAVIアライアンスは、コメントの要求にすぐには応答しませんでした。

生放送

Back to top button