健康

COVID-19ワクチンだけがツールではない、とWHOのチーフTedros Adhanom Ghebreyesusは、「パンデミックはずっと先から」と警告していると述べています。 世界のニュース

ニューデリー:月曜日(2021年4月12日)の世界保健機関(WHO)のテドロスアダノムゲブレイエス総局長は、COVID-19ワクチンだけがツールではないと述べ、「パンデミックはまだまだ先のことだ」と警告しました。

COVID-19に関するメディアブリーフィングの中で、WHOチーフは、「間違いなく、ワクチンは不可欠で強力なツールです。しかし、ワクチンだけがツールではありません」と述べました。

テドロスは、1月と2月に、世界で6週間連続して症例が減少したが、現在では7週間連続で症例が増加し、4週間で死亡が増加していると報告した。

「先週はこれまでの1週間で4番目に多い症例数でした」と彼は述べた。

彼はまた、7億8000万回以上のCOVID-19ワクチンが世界的に投与されているにもかかわらず、アジアと中東のいくつかの国で症例が大幅に増加していると述べた。

「間違いなく、#COVID19ワクチンは不可欠で強力なツールです。しかし、それだけがツールではありません。

私たちはこの日を毎日、毎週と言います。 そして、私たちはそれを言い続けます」[email protected] DrTedros #ACTogether

—世界保健機関(WHO)(@ WHO)2021年4月12日

テドロス氏は、WHOは際限のない封鎖を望んでおらず、最善を尽くした国々は、調整され、測定され、機敏で、証拠に基づいた対策の組み合わせを採用していると述べた。

「私たちもまた、社会と経済が再開し、旅行と貿易が再開することを望んでいます。しかし、現在、多くの国の集中治療室が溢れ、人々が死んでいます。そしてそれは完全に避けられます」と彼は言いました。

「このパンデミックはまだまだ先のことです。しかし、楽観的な見方には多くの理由があります」と彼は付け加えました。

WHOのチーフは、この病気はインフルエンザではなく、若くて健康な人々が亡くなったと述べました。 「そして、生き残った人々に対する感染の長期的な影響をまだ完全には理解していない」と彼は述べた。

「#COVID19パンデミックはまだまだ先のことです。しかし、楽観的な理由はたくさんあります。

今年の最初の2か月間の症例数と死亡数の減少は、このウイルスとその亜種を阻止できることを示しています」[email protected] DrTedros

—世界保健機関(WHO)(@ WHO)2021年4月12日

テドロス氏によると、今年の最初の2か月間のコロナウイルスの症例数と死亡数の減少は、COVID-19とその亜種を阻止できることを示しています。

「公平な予防接種と一緒に公衆衛生対策を適用するための協調した努力により、私たちはこのパンデミックを数ヶ月で制御することができました。私たちが行うかどうかは、政府と個人が毎日行う決定と行動に帰着します。選択私たちのものだ」と語った。

一方、火曜日(2021年4月13日午後12時50分)のジョンズホプキンスコロナウイルスリソースセンターのデータによると、世界のCOVID-19症例数は13,66,87,436に増加しています。 世界はまた29,46,568のCOVID-19関連の死を目撃しました。

Back to top button