COVID-19パンデミックはずっと先から、WHOのチーフTedros AdhanomGhebreyesusに警告| 世界のニュース

ジュネーブ:世界で7週間連続でCovid-19の症例が増加し、4週間で死亡が増加している、と世界保健機関の局長であるTedros Adhanom Ghebreyesusは月曜日に、コロナウイルスのパンデミックは「終わりから長い」と付け加えた。 。

「1月と2月に、世界では6週間連続で症例が減少しました。現在、7週間連続で症例が増加し、4週間で死亡が増加しています。先週は、これまでの1週間で4番目に多い症例数でした。 」とテドロスはブリーフィングの中で言った。

「#COVID19パンデミックはまだまだ先のことです。しかし、楽観的な理由はたくさんあります。

今年の最初の2か月間の症例数と死亡数の減少は、このウイルスとその亜種を阻止できることを示しています」-@ DrTedros

—世界保健機関(WHO)(@ WHO)2021年4月12日

WHOの首長は、アジアと中東のいくつかの国で症例が大幅に増加していると述べた。

これは、7億8000万回以上のワクチンが現在世界中で投与されているという事実にもかかわらず、彼は言った。 彼は再び、マスクの着用、社会的距離の維持、検査、コンタクトトレーシング、追跡および隔離の公衆衛生対策を強調した。

「間違いなく、ワクチンは不可欠で強力なツールです。しかし、ワクチンだけがツールではありません。私たちは毎日、毎週言います。そして、私たちはそれを言い続けます。物理的な距離が機能します。マスクが機能します。手指衛生が機能します。換気は機能します。監視、テスト、接触追跡、隔離、支援的検疫、思いやりのあるケア-これらはすべて、感染を防ぎ、命を救うために機能します」と彼は言いました。

「しかし、公衆衛生対策とその適用における混乱、自己満足、矛盾は、伝達を促進し、命を犠牲にしている」と彼は付け加えた。

テドロス氏は、「世界中の多くの国」を引用し、このウイルスを阻止し、迅速かつ一貫して対応する実証済みの公衆衛生対策と強力なシステムで封じ込めることができることを示しましたが、世界的な組織は「無限の封鎖を保証しない」と述べました。

「これらの国々の多くはCOVID-19を管理できるようになり、人々はスポーツイベント、コンサート、レストランを楽しんだり、家族や友人と安全に会ったりできるようになりました… WHOは無限の封鎖を望んでいません。

最善を尽くした国々は、調整され、測定され、機敏で、証拠に基づいた対策の組み合わせを採用しました。」「私たちも、社会と経済が再開し、旅行と貿易が再開することを望んでいます。 しかし現在、多くの国で集中治療室が溢れ、人々は死にかけている-そしてそれは完全に避けられる」とチーフは付け加えた。

テドロスは、コロナウイルスのパンデミックはまだまだ先のことだと述べました。 しかし、彼は、世界には楽観的な理由がたくさんあると述べました。

「このパンデミックはまだまだ先のことです。しかし、楽観的な理由はたくさんあります…今年の最初の2か月間の症例数と死亡数の減少は、このウイルスとその亜種を阻止できることを示しています。公平な予防接種と一緒に公衆衛生対策を適用すれば、このパンデミックを数ヶ月で制御できるようになるだろう」と述べた。

米国に本拠を置くジョンズホプキンス大学によると、世界のコロナウイルス感染による死亡者数は294万人を超え、約1億3,630万件の感染が検出されました。

生放送

モバイルバージョンを終了