健康

COVID-19パンデミックによるデジタルデバイドの裸の問題:Ravi Shankar Prasad | 世界のニュース

電子情報技術大臣のラヴィ・シャンカール・プラサド氏によると、COVID-19のパンデミックはデジタルデバイドの問題を明らかにし、デジタルアクセスの世界の見方を公平な社会の重要な要素として再考しました。 「偉大なイコライザー」であり、分裂の源ではありません。

「COVID-19パンデミックの年である2020年、世界はこれまでにないペースでデジタルトランスフォーメーションを受け入れました」とラヴィシャンカールプラサドは国連のハイレベルテーマ討論会で「デジタル協力と接続性:社会全体」と述べました。デジタルデバイドを終わらせるためのアプローチ。

「パンデミックにより、社会は私たちの働き方、学び方、生き方におけるテクノロジーの重要な役割を再考するようになりました」とプラサド氏は述べています。

火曜日に事実上ハイレベルなイベントに対処し、パンデミックは「デジタルデバイドの問題を明らかにしただけでなく、より重要なことに、デジタルアクセスを公平な社会の重要な要素として見直す」と述べた。

プラサド氏は、テクノロジーは「分裂の源ではなく、優れたイコライザー」であることを意図していると主張し、世界の人口のほぼ半数が高速ブロードバンドにアクセスできないため、仮想プラットフォーム、遠隔医療、遠隔教育、電子決済。

「テクノロジーは中立ですが、その影響は、アプリケーション、アクセス、ガバナンスにおいて今日行う選択に依存します。したがって、誰も取り残されない環境を作成することによって、デジタル革命を包括的にすることが重要になります」と彼は言いました。

国連副事務総長のアミナ・モハメッドは、総会のハイレベル討論で、世界の人口のほぼ半分、37億人、その大部分が女性、そしてほとんどが発展途上国でまだオフラインであると述べました。

「COVID-19危機はこの格差を浮き彫りにしました。パンデミックに直面している間、インターネットにアクセスできない人々は遠隔教育、遠隔作業、または遠隔医療サービスの恩恵を受けることができませんでした。決定的な行動がなければ、デジタル格差は不平等」と述べた。

プラサド氏によると、COVID-19のパンデミックは、遠隔教育と遠隔医療の分野における最先端のテクノロジーツールとイノベーションの重要な必要性も前面に押し出しました。

「AarogyaSetu ‘(Heath Bridge)と呼ばれる接触および追跡アプリケーションの迅速な開発とワクチンの展開のためのCoWINappは、インドの努力の成果です」と彼は南南協力の精神で、インドが汎アフリカEを立ち上げたと付け加えました。 -発展途上国に無料の遠隔教育および遠隔医療サービスを提供することを目的としたネットワーク。

さらに、デジタル化は、より効率的なガバナンスシステムに劇的に移行する可能性のある変化の波をサポートできることを強調しました。 テクノロジーを持続可能な開発、経済成長、社会的包摂、環境の持続可能性を実現するものにする必要があります。

「継続的なスキル開発、デジタルテクノロジーへのアクセスと手頃な価格の向上により、より公平で効果的なデジタルエコシステムを開発する必要があります。これにより、構造的な不正を修正し、デジタル革命が包括的で力を与えることができるようになります」と彼は付け加えました。

プラサド氏は総会のイベントで、インドはデジタル技術に社会全体のアプローチを採用し、公共サービス、市民の関与、説明責任を改善するという協調的な決定を下したと語った。

2015年、政府は、デジタルインクルージョンをもたらし、手頃な価格で使いやすいテクノロジーベースのソリューションを一般市民に提供することを目的として、「デジタルインド」を立ち上げました。

今日、インドは2番目に大きなインターネットユーザーベースを持ち、2番目に大きなモバイルメーカーであり、世界で最も安いインターネットデータ料金を提供しています。

「私たちは、2025年までに1兆米ドルのデジタル経済としてインドを発展させることを目指しています」と彼は言いました。

(PTIからの入力)

生放送

Back to top button