健康

COVID-19の症例と死亡は世界的に横ばいになっている、とWHOは述べています| 世界のニュース

ニューデリー:月曜日(2021年5月10日)の世界保健機関(WHO)は、COVID-19の症例と死亡は世界的に横ばい状態にあり、最も影響を受けた2つの地域であるアメリカとヨーロッパを含むほとんどの地域で減少していると述べました。

しかし、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長は、世界は以前からここにあると警告しました。

「どんな衰退も歓迎しますが、私たちは以前ここにいました。過去1年間、多くの国が症例と死亡の減少傾向を経験し、公衆衛生と社会的措置をあまりにも早く緩和し、個人は警戒を緩めました。苦労して得た利益は失われる」と述べた。

「しかし、それは容認できないほど高い高原であり、先週、540万人以上が#COVID19の症例を報告し、約9万人が死亡した」-@ DrTedros https://t.co/ocxv23djWl

—世界保健機関(WHO)(@ WHO)2021年5月10日

彼は、コロナウイルスの症例と死亡は、WHOの東南アジア地域で依然として急速に増加しており、すべての地域に増加傾向にある国があると付け加えました。

WHOの責任者は、世界的には依然として危険な状況にあり、亜種の蔓延、社会的混合の増加、公衆衛生と社会的措置の緩和、不公平な予防接種がすべて伝染を促進していると述べました。

「はい、ワクチンは十分な量を持っているのに十分幸運な国で重篤な病気と死を減らしています、そして初期の結果はワクチンがまた伝染を減らすかもしれないことを示唆します」と彼は付け加えました。

亜種の蔓延、社会的混合の増加、公衆衛生と社会的措置の緩和、および不公平なワクチン接種はすべて、#COVID19感染を促進しています。 したがって、今すぐトランスミッションを駆動するために、自由に使えるすべてのツールを使用する必要があります。 pic.twitter.com/47wje5w5LO

— Tedros Adhanom Ghebreyesus(@DrTedros)2021年5月10日

彼はまた、コンサート、スポーツイベント、集会、レストランに再び安全に行くことができるときに、お互いに距離を保つ必要がなくなったときに、私たち全員がマスクを脱ぐことができる時が来るだろうと言いましたが、ほとんどの場合まだワクチン接種を受けていない世界の人口、「私たちはまだそこにいません」。

Back to top button