健康

COVID-19の恐怖:カナダはコロナウイルスの第4波に苦しんでいます| 世界のニュース

オタワ:カナダは、ウイルスの亜種が国内に広がり続けているため、COVID-19パンデミックの第4波に苦しんでいると、カナダの最高公衆衛生責任者テレサタムは木曜日(8月12日)に述べた。

新華社通信によると、タム氏は記者会見で、国の全国的な事件数は7月下旬以降悪化していると語った。

CTVによると、カナダは木曜日(8月12日)に2,138件のCOVID-19の新規症例を報告し、26,692人の死亡を含む累計で1,447,439件になりました。

カナダで最も人口の多い州であるオンタリオ州は、木曜日(8月12日)に513件の新規症例を記録し、6月中旬以来初めて500件を超えました。 オンタリオ州が1日に500件以上のCovid-19を報告したのは、530件が特定された6月13日でした。

一方、アルバータ州は550件の新規症例を記録し、ブリティッシュコロンビア州は513件の新規感染を確認しました。

「私たちは全国のCOVID-19活動の増加を注意深く監視してきました。最新の全国監視データは、カナダで第4波が進行中であり、症例が強力な復活の軌跡に沿って計画されていることを示しています」と彼女は言いました。

現在、カナダでは13,000を超えるアクティブな症例があり、7月下旬の2倍以上になっています。 タム氏によると、毎日1,500件の新しい症例が報告されており、その大多数は20〜39歳の症例です。

「幸いなことに、死亡者数は依然として少なく、1日平均7人の死亡が報告されている」と彼女は述べた。

第4波が医療制度に与える可能性のある影響を軽減するため、または新学期の計画を危うくするために、彼女はより多くのカナダ人にワクチン接種を受けるために袖をまくり上げるように促しました。

生放送

Back to top button