健康

COVIDの症例が急増するにつれて、多くのスリランカ人は愛する人を火葬するために段ボールの棺を選んでいます。 世界のニュース

コロンボ(スリランカ):スリランカのデヒワラマウントラビニア市の工場で、労働者はステープルと接着剤を使用して、国のコロナビアの犠牲者の棺桶として使用される長い段ボール箱を組み立てます。 棺桶は再生紙でできており、最初にアイデアを思いついた地方自治体の役人である51歳のPriyantha Sahabanduによると、最も安い木製の棺の6分の1の費用がかかります。 COVID-19によるスリランカの死者数が急増する中、愛する人を火葬する際にこれらの段ボール製の棺を選ぶ人もいます。 国は金曜日に198の最高の毎日の死者数を記録し、総死者数は7,560に達した。

現在、スリランカではCOVID-19を含むさまざまな原因で、1日平均約400人が死亡しているとコロンボ地区の都市デヒワラマウントラビニアの市議会議員であるサハバンドゥ氏は述べています。 「400本の棺桶を作るには、250本から300本の木を切る必要があります。その環境破壊を防ぐために、私はこの概念を評議会の健康委員会に提案しました」と彼は言いました。 「コロナウイルスの蔓延に伴い、人々は高価な木製の棺にお金を払うのが難しいことに気づきました」と彼は言いました。

サハバンドゥ氏によると、各棺の価格は約4,500スリランカルピー(22.56ドル)であるのに対し、安価な木製の棺は30,000ルピーである。 それは100キログラムまで保持することができます。 棺桶は当初、主にCOVID-19の犠牲者に使用されていましたが、環境に関心のある人々の間で人気が高まっています。 2020年初頭から約350の段ボール棺が配達され、工場は評議会から注文された別の150の棺に取り組んでいます。 「国内の大多数の人々がこれを支持している。今日の問題はそれを供給することである。我々はそれに取り組んでいる」とサハバンドゥは言った。

Gotabaya Rajapaksa大統領は、8月20日に10日間の完全な封鎖を発表し、感染性の高いDeltaバリアントの蔓延によって引き起こされたCOVID-19症例の新たな急増を抑制しました。

生放送

Back to top button