健康

ASEANはミャンマーの軍部長に暴力をやめるよう要請する| 世界のニュース

ネピドー:東南アジア諸国連合(ASEAN)の指導者たちは、2月1日にクーデターで政権を握ったミャンマーの軍事長官ミンアウンフラインに、国の暴力的な取り締まりを終わらせるよう要請した。

日経アジアによれば、首脳会談では、東南アジア諸国連合の10人のメンバーからなる首脳と外相が5つの点で合意に達した。

これには以下が含まれます:「暴力の即時停止」とすべての当事者による抑制。 すべての当事者は、「国民の利益のための平和的解決」に向けて「建設的な対話」を開始するものとします。 ASEAN議長の特使が対話を仲介するものとする。 ASEANは人道支援を提供し、特別使節と代表団はミャンマーを訪問してすべての関係者と会談する。

この会議は、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ブロックの指導者たちが直接集まったインドネシアの首都ジャカルタで開催されました。

しかし、タイのプラユット・チャンオチャ首相、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領、ラオスのパンカム・ヴィパワン首相の不在が目立った。

タイとフィリピンの当局者は、ラオスが説明を提供していない間、彼らの国で急増しているCOVID-19症例を引用しました、と日経アジアは報告しました。

主催者であるインドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、会談後、政治犯の釈放の呼びかけを繰り返しながら、「包括的対話を開始しなければならない」と述べた。 「私たちは、ミャンマーのすべての政党が関与する対話を推進するために、特別なASEAN特使を任命する必要があります。

「ビルマ政治囚支援協会(AAPP)によると、4月23日の時点で、ミャンマーでの軍事的乗っ取り以来、745人が殺害されたことが確認されている。

「4月23日の時点で、745人がこの軍事フンタクーデターによる殺害を確認した」とAAPPは述べ、合計3,371人が現在拘留されていると付け加えた。

2月1日、ミャンマー軍は文民政府を転覆させ、1年間の非常事態を宣言した。 クーデターは大規模な抗議行動を引き起こし、致命的な暴力に見舞われました。

生放送

Back to top button