健康

5月20日にイスラエルとパレスチナの暴力をめぐって会合する国連総会| 世界のニュース

ニューヨーク:国連総会は木曜日にイスラエルとパレスチナの過激派の間の戦いをめぐって会合するだろう、とボルカン・ボズキル総会議長は月曜日(5月17日)に言った。

ニューヨークのイスラム協力機構グループとアラブグループの議長であるニジェールとアルジェリアは、193人の総会に「状況の深刻さとその急速な悪化を考慮して」公に会合するよう求めた。

イスラエルとパレスチナ人の間の紛争での再燃をめぐって、15人のメンバーからなる国連安全保障理事会が日曜日に初めて公に会合した。

イスラエルの強力な同盟国である米国が舞台裏の外交に害を及ぼす可能性があることを懸念しているため、評議会は公式声明を発表することができなかった。 中国は日曜日に、声明に同意するよう議会に再び働きかけると述べた。

イスラエルは月曜日のガザでの激しい空爆でパレスチナの上級過激派司令官を殺害し、イスラム教徒グループは停戦を求める国際電話が高まっているにもかかわらず、イスラエルの都市へのロケット攻撃を再開した。

ガザの保健当局は、先週の月曜日に戦闘が勃発して以来、58人の子供と34人の女性を含むパレスチナ人の死者を出した。 イスラエルでは2人の子供を含む10人が殺されました。

Back to top button