健康

3番目のCOVID波の脅威に直面して、インドはまだブースターショットを計画しています! | インドのニュース

ニューデリー:多くの国が人口の大部分のワクチン接種を完了しているため、ウイルスのより危険な亜種が世界的大流行を長引かせる恐れがあるため、ブースターCOVID-19用量の開発と供給が始まっています。

完全に予防接種を受けた人々がすでにブースターショットを利用できるようになっているイスラエルを除いて、ドイツ、フランス、英国は、ブースターショットを一般に提供し始める可能性があると述べています。

連合保健省によって提供されたデータによると、人口の8パーセント未満がCOVID-19ワクチンの両方の用量を受け取っているので、インドは長い道のりを歩んでいます。

ニューインディアンエクスプレスの報告によると、ICMRの主任疫学者でCOVIDのワクチン管理に関する全国専門家グループのメンバーであるサミランパンダは、完全にワクチン接種された人に追加免疫が必要であることを示唆するデータが不十分であると述べました。

多くの人々は、主に最初に予防接種を受け、まだ最前線で戦っている医療従事者のために、政府がブースター用量の可能性を探求することを依然として望んでいます。

WHOは最近、低所得国と高所得国のワクチン接種レベルの格差を懸念して、少なくとも9月末までCOVID-19ワクチンの追加接種に関する「モラトリアム」を呼びかけました。

世界保健機関のテドロス・アダノム・ゲブレイエス総長は、ジュネーブでの記者会見で、高所得国は現在100人ごとにほぼ100回投与しているが、低所得国は100人ごとに1.5回しか投与できないと述べた。供給不足のため。

「ワクチンの大部分が高所得国に行くことから、大多数が低所得国に行くことへの緊急の逆転が必要です」と彼は言いました。

「したがって、WHOは、すべての国の人口の少なくとも10%がワクチン接種を受けることができるように、少なくとも9月末までブースターのモラトリアムを要求している」とWHOのチーフは述べた。

WHOは、「影響力のあるすべての人」(オリンピックのアスリート、投資家、ビジネスリーダー、信仰のリーダー、そして自分の家族やコミュニティのすべての個人)に、少なくとも9月末までブースターショットのモラトリアムの呼びかけを支持するよう求めました。

(通信社からの入力あり)

生放送

Back to top button