健康

25機の中国の軍用機がこれまでで最大の侵入で台湾の防空識別圏に入る| 世界のニュース

台北:月曜日に20機以上の中国の航空機が台湾の防空識別圏に入ったため、台湾は中国の軍用機による最大の侵入を報告しました。 人民解放軍空軍(PLAAF)の今年のこれまでの最大の侵攻では、14機のシェンヤンJ-16戦闘機、4機のチェンドゥJ-10戦闘機、4機の西安H-6爆撃機を含む22機の戦闘機が台湾の空中南西隅に侵入した。防空識別圏(ADIZ)、台湾ニュースは台湾国防省(MND)を引用して報じた。

さらに、3機の低速ターボプロップ機(2機のShaanxiY-8対潜水艦戦闘機と1機のShaanxiKJ-500早期警戒管制機)もこのゾーンで追跡されました。

防空識別圏は、国が領空への侵入を検出するのに役立つ早期警告システムです。 そのようなエリアに入る航空機は、そのルートと目的を「ホスト」国に報告することになっていますが、ゾーンは国際空域として分類され、パイロットはそのような通知を行う義務はありません。

それに応じて、台湾のスクランブルジェットは無線警告を発し、PLAAF飛行機を追跡するために防空ミサイルシステムを配備しました。 月曜日の25機は、北京が台湾の防空識別圏に20機を送った3月26日以来最大の侵入を構成した。

米国が台湾との関係を深める新しいガイドラインを発表してからわずか3日後、米国務省の最新のガイドラインにより、米国当局は台湾の当局者とより自由に会うことができるようになると、ワシントン州のアントニー・ブリンケン国務長官は先週の金曜日に述べた。米国は、台湾に対する中国の積極的な行動を懸念しており、西太平洋の現状を無理矢理変えようとすることは、誰にとっても「重大な間違い」であると警告した。

昨年の9月中旬以来、北京は定期的に台湾のADIZに飛行機を送ることでグレーゾーン戦術を強化してきました。ほとんどの場合、ゾーンの南西隅で発生し、通常は1〜3機の低速飛行ターボプロップ機で構成されています。 。

過去数か月にわたって、台湾は中国の軍用機によるADIZへの侵入をほぼ毎日報告しています。 3月26日、台湾は20機の中国軍用機の侵入を報告した。先月、台湾の首相蘇貞昌は、中国軍用機による台湾の防空識別圏(ADZ)への侵入を「不必要」かつ「思慮のない」と呼んだ。

北京は、中国本土の南東海岸沖に位置する約2400万人の民主主義である台湾に対する完全な主権を主張しているが、両者は70年以上にわたって別々に統治されてきた。

一方、台北は、北京が繰り返し反対している米国を含む民主主義国との戦略的関係を強化することで、中国の侵略に対抗している。中国は、「台湾の独立」は戦争を意味すると脅迫している。

中国国防省の呉倩報道官は1月28日、「台湾独立」を望んでいる人々に警告し、「火遊びをする人々は火をつけ、「台湾独立」を求めることは戦争に他ならない」と述べた。 。

Back to top button