Categories
テクノロジー ニュース

米国は、日本の衛星でホストされる2つの宇宙センサーの最初のものを納入します

2つの米国のペイロードは、静止軌道上の別々のQZSS衛星でホストされます

ワシントン—米宇宙軍は1月17日、日本のナビゲーション衛星で飛行する予定の2つの宇宙センサーペイロードの最初のペイロードを納入したと発表しました。

2020年に日本の国家宇宙政策局は 、日本の準天頂衛星システム(QZSS)コンステレーションで2つの光学センサーペイロードをホストすることで米国宇宙軍と合意しました。最初のセンサーはQZS-6で飛行し、2番目のセンサーはQZS-7で飛行し、現在それぞれ2023年と2024年に打ち上げられると予測されています。

みちびきは、一般に日本のGPSと呼ばれ、準天頂軌道にある衛星を中心とする測位システムです。米国のペイロードをホストする新しい衛星は、米国がGEOベルトの重要な資産を監視できるようにする重要な場所である静止軌道にあります。

光学センサーは、米空軍との2019年の合意に基づいて、マサチューセッツ工科大学のリンカーン研究所によって開発されました本研究室では、宇宙政策事務局、三菱電機社と共同で、みちびき6号機とみちびき7号機のセンサーを統合しています。2回の打ち上げにより、みちびきの星座は合計7つの衛星に拡大されます。

「最初のペイロードの配達は重要なマイルストーンを表しています」と、米国宇宙システム軍のプログラムマネージャーであるブライアンフレドリクソン中佐は述べています。「多くの作業が残っていますが、コミットメントを果たすために順調に進んでいることを報告できてうれしいです。」

MITリンカーン研究所と宇宙軍の要員は、「両方のQZSSホスト衛星の打ち上げが完了するまで、日本のパートナーとの統合とテストの取り組みを支援するために日本に動員する」と彼は述べた。

ペイロードは、マサチューセッツ州のハンスコム空軍基地の第66空軍基地ウィングから日本の横田空軍基地の第374空輸ウィングにエアモビリティコマンドが運用する軍用機で輸送されました。

宇宙システム司令部は、日本とのパートナーシップは「将来の協力の舞台を設定する」と述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *