Categories
テクノロジー ニュース

日米宇宙協力枠組み協定に調印

ワシントン—米国と日本は1月13日、宇宙探査における両国間のさらなる協力を可能にするための協定に署名しましたが、新しいイニシアチブを発表することはありませんでした。

日本の岸田文雄首相らが出席したNASA本部での簡単な式典で、アントニー・ブリンケン米国務長官は、日本の林義正外務大臣と枠組み協定に署名した。

岸田氏は式典で通訳を通じて、「日米宇宙協力はアルテミス計画で新たな時代に入り、月面活動を含む多くのプロジェクトがすでに日米の宇宙飛行士によって進行中です」と語った。「今回の協定が、我が国の宇宙協力を一層強力に推進し、日米協力の場を一層拡大することを強く期待します。同盟。」

米国政府も日本政府も、「平和目的のための月その他の天体を含む宇宙空間の宇宙探査及び利用における協力に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の枠組み協定」と題する協定自体の本文を公表していない。NASAは、協定に関する声明の中で、航空学、宇宙科学、探査などの「両国間の幅広い共同活動」をカバーしていると説明しました。

米国とカナダは、2009年に同様の名前の協定に署名しました—平和目的のための宇宙空間の探査と利用における協力のためのカナダ政府とアメリカ合衆国政府の間の枠組み協定—。その合意は、NASAとカナダ宇宙機関の間の「協力のための取り決めの実施の結論を促進するための全体的な法的枠組み」と呼ばれるものを確立しました。

「私たちが署名しようとしている枠組み協定は、私たちの協力を新たな高みへと導くでしょう」とブリンケン国務長官は式典で述べました。「これにより、宇宙技術と輸送の研究、ロボット月面ミッション、気候関連ミッション、月面で日本人宇宙飛行士を見るという共通の野心などの分野でのパートナーシップが強化されます。」

林氏は、この合意は、後のミッションのために加圧ローバーを開発する日本の計画を含む、アルテミスに関する両国間の将来の協力をカバーすることを期待していると述べた。「両国間のこの協定の締結により、多くの協力プロジェクトが効率的に実施されるでしょう」と彼は言いました。

イベントの関係者の誰も、合意によって可能になった特定の新しい協力プロジェクトを発表しませんでした。NASAと日本政府は11月、月ゲートウェイへの日本の貢献を最終決定する協定に署名し、日本が2030年まで国際宇宙ステーションに参加することも確認しました。契約の一環として、NASAは将来のアルテミスミッションで日本人宇宙飛行士をゲートウェイに飛ばします。

NASAのビル・ネルソン長官は式典で、パム・メルロイ副長官とともに「NASAとJAXAの絆を深めるために」2月に日本を訪問すると語った。彼はその旅行の計画について詳しく説明しませんでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *