Categories
ニュース

NOAAはGOES-18が予定より早く運用可能であると宣言します

デンバー–米国海洋大気庁は、静止艦隊の最新の衛星であるGOES-18を1月4日に運用すると宣言し、GOES Westに指定しました。

この指定により、3月に打ち上げられた衛星は、NOAAの2つの主要な静止衛星の1つとしてGOES-17に引き継がれました。GOES Westは、アラスカとハワイ、メキシコ、中央アメリカ、太平洋を含む米国西部の気象と気候条件を観測します。

GOES-17は、GOESイーストとGOESウェストのバックアップとして機能するために、米国中部の軌道に移動します。

通常、GOES衛星は、GOES東またはGOES西の位置に移動する前に、最初の静止軌道スロットで約6か月を過ごします。GOES-18の場合、NOAAは打ち上げから2か月後の5月に衛星の移動を開始し、各機器が校正され、データが検証されるとすぐに、GOES-18機器からのデータを国立気象局や他のデータユーザーと共有し始めました。

NOAAは、GOES’17の高度なベースラインイメージャーの冷却システムに問題があったため、GOES-18を運用艦隊の一部にするためのタイムラインを加速しました。NASA、NOAA、および業界の代表者が協力して、冷却システムの欠陥の影響を軽減することができましたが、取られた措置により、衛星の予想される寿命が短くなりました。

GOES-17のABI問題の影響を軽減するために、NOAAは8月1日から9月8日まで、および10月13日から11月16日まで、GOES-18 ABIの画像をGOES-Westデータの顧客と共有しました。

「これにより、予報官は太平洋ハリケーンシーズンの最盛期にGOES-18画像を利用することができました」とNOAAは1月9日のニュースリリースで述べています。

静止運用環境衛星-Rシリーズの3番目の衛星であるGOES-18の主要な機器は、L3Harrisによって構築された高度なベースラインイメージャーです。新しいGOESウエストには、前任者と同様に、ロッキードマーティンが製造した静止ライトニングマッパーとソーラー紫外線イメージャー、コロラド大学の極端X線および放射照度センサー、大気宇宙物理学のためのボルダー研究所、アシュアランステクノロジーコーポレーションの宇宙環境In-Situスイート、およびNASAゴダード宇宙飛行センターが提供する2つの磁力計も装備されています。

GOES-Rシリーズの最後の衛星であるGOES-Uは、2024年に打ち上げられる予定です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *