Categories
エンターテイメント スペース テクノロジー ニュース 仕事

ヴァージン・オービットが英国初打ち上げの準備

ワシントン—技術的およびライセンスの遅延の後、Virgin Orbitは1月9日にも英国からの最初の打ち上げに向けて準備を進めています。

1月4日に発令された海上航行警報は、1月9日後半にアイルランド沖で「ロケット発射」のための危険な操作のゾーンを特定し、バックアップ日は1月18日でした。このゾーンは、イギリスのスペースポートコーンウォールから飛行するヴァージンオービットの「スタートミーアップ」ランチャーワンミッションのドロップゾーンと一致しています。

Virgin Orbitのスポークスマン、Allison PatchはSpaceNewsに、ナビゲーション警告は次の打ち上げのためのものであることを確認したが、同社はまだミッションの打ち上げ日を正式に発表する準備ができていないと述べた。「すべての打ち上げパートナーは現在、かなり近いうちに打ち上げに向けて取り組んでいます」と彼女は言い、数日中に予定されている同社の打ち上げ計画の確認をしました。

アイルランド運輸省が1月4日に発行した別の海洋通知には、ヴァージン軌道の打ち上げに明示的に関連する同様の危険区域がリストされていました。1月9日と18日の打ち上げ日に加えて、1月13日、15日、19日、20日の打ち上げの可能性を含むアイルランドの通知。

危険通知は、空中発射されたLauncherOneシステムに関連する打ち上げ事故が発生した場合です。「打ち上げの試みが計画どおりに進行する場合、破片は海洋危険区域に入ることはありません」とアイルランドの通知は述べています。「しかし、事故が発生した場合、車両が危険な破片を生成する可能性は低いです。」

ヴァージン・オービットは昨年秋にスタート・ミー・アップのミッションを実施し、10月にボーイング747航空機、ロケット、および関連システムをスペースポートコーンウォールに飛ばす予定でした。ある時点で、同社は12月中旬の打ち上げを目標としていましたが、打ち上げシステムの「追加の技術的作業」と英国の民間航空局(CAA)からの保留中の打ち上げライセンスを理由に、数日後に打ち上げを延期しました。

CAAは12月21日にヴァージンオービットに打ち上げライセンスを授与し、打ち上げの最終的な規制上のハードルをクリアしました。「現時点では、Virgin Orbitのすべてのシステムは打ち上げに向けてグリーンです」と、Virgin Orbitの最高経営責任者であるDan Hartは12月22日の声明で述べています。同社は、車両とそのペイロードの両方が打ち上げに「良好な状態」にあると報告したが、打ち上げ日は「今後数週間」に設定されるとのみ述べた。

Start Me Upミッションは、英国国防省、米国海軍研究所、オマーン政府初の衛星など、さまざまな顧客からの7つのペイロードを軌道に乗せます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *