Categories
スペース テクノロジー ニュース

Amazonは、10,000カットを目標にしているため、一部のデバイスユニットのスタッフを解雇しました

同社事情に詳しい関係者によると、Amazon.com 社(AMZN.O)は、小売部門や人事部門を含む約10,000人の雇用を削減することを依然として意図しています。しかし、同社は水曜日に、デバイスセクションで一部の従業員を手放したと述べた。 

ロイターのようなメディアが月曜日にレイオフ計画のニュースを報じて以来初めてAmazonによって行われたこの発表は、雇用を創出することで知られているビジネスの劇的な変化を示し、テクノロジーセクターを悩ませている最新のレイオフにより多くのコンテキストを与えました。 

AmazonのCEOであるDave Limp氏によると、同社はデバイス部門のチームを統合することを選択し、ユーザーが口頭で制御できるスピーカーを普及させました。それは火曜日に解雇した労働者に通知した。 

消費者がニュースや天気をチェックする以外の業務にどれだけ広く採用しているかは不明でしたが、オンラインストアは、販売するデバイスを駆動する音声アシスタントであるAlexaを遍在させ、ショッピング注文を完了できるようにしようとしました。 

SFテレビシリーズ「スタートレック」の話すコンピューターによって動機付けられたAlexaプロジェクトは、2019年までに10,000人の従業員を引き付けました。 

Amazonは当時、1億台以上のAlexaデバイスの販売を誇っていましたが、それ以来、その数は公に更新されていません。その後、ビジネス創設者のジェフ・ベゾスは、Alexaデバイスは頻繁に割引価格で提供され、時にはコストを下回ることさえあったと述べました。

アマゾンの削減は、人員をより積極的に引き付けるために、数か月前に基本給のしきい値を4倍にしようとした試みとはまったく対照的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *