Categories
スペース ニュース

日豪、安全保障協力に関する共同宣言に署名

日豪両国は、今後10年間の安全保障協力に関する新たな共同宣言を発出しました。

日本の岸田文雄首相は、土曜日の朝、オーストラリアの西海岸都市パースでオーストラリアのアンソニー・アルバニーズ首相と約2時間会談した。

両首脳は、中国の海洋活動の増加を含む地域の安全保障環境を反映していると見られる共同宣言に署名した。

この宣言は、ルールベースの注文の重要性を強調しています。日本とオーストラリアは、両国とその周辺地域に影響を与える可能性のある緊急事態への対応について協議するとしている。

共同宣言では、日本の自衛隊とオーストラリア軍が共同訓練や施設の共有を通じて協力を深めることも明記されています。

岸田とアルバニアは,液化天然ガス,レアメタル等の資源の安定供給確保のため,協力を強化していくことを確認しました。

会談後の共同記者会見で、岸田総裁は、新安全保障宣言は今後10年間の防衛・安全保障問題で協力する方法を網羅しており、二国間関係の強化に役立つと述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *