Categories
スペース ニュース

円は、さらなる日本の介入の兆候が薄れるにつれて下落を更新

月曜日、円は、日本が通貨の防衛を強化し、多くのセッションに2度目の介入の可能性を秘めているという兆候にもかかわらず、弱含みになった。

同通貨はその日の早い段階で鞭打ち、1ドル145.56円まで上昇し、その後再び149円台前後に下落した。金曜日、当局者が通貨を支えるために再び介入したという報告の中で、2020年3月以来のグリーンバックに対して最も急騰した。

この急激な動きは、当局がトレーダーとの戦いで手袋を外し、日米の政策の乖離によって煽られた円安を増幅させたことを示唆している。日本銀行は今週後半に会合を開き、その決定は苦戦している通貨のもう一つの重要な触媒となる可能性が高い。

「日銀が介入していることは盲目的に明らかだ」と、シドニーのナショナル・オーストラリア銀行のFX戦略責任者、レイ・アトリル氏は言う。「ドル円は、そうでなければ、このような動きはしなかったでしょう」政策筋が確認した金曜日の介入は、ドルが32年ぶりの高値151.94円を叩き出し、日本通貨が1ドル当たり144.50円まで7円以上の上昇を引き起こしたときに起こった。

これは日本の介入の2番目の例でしたが、トレーダーは、当局が過去1ヶ月間に他の機会に介入して、今年ドルに対して22%下落した通貨を支えたと疑っています。

9月22日、東京は1998年以来初めて2.8兆円を投じて円を下支えし、市場に参入したことを確認した。しかし、それ以来、当局は通貨をサポートするためにさらに試みたかどうかについて沈黙を守っている。

ゴールドマン・サックスのアナリストは、この介入は日銀が円安を抑えるのに役立ち、世界的な引き締めの波と相容れず、日米金利の格差を広げた超低金利政策の時間を与えると述べた。

ゴールドマンは先週、「円の米国金利に対するベータ金利は最初の介入操作以来低下しており、介入措置を繰り返すことは、部分的にはドル/円に双方向のボラティリティを誘発することによって、しばらくの間その状態を維持する可能性が高い」とゴールドマンは先週書いた。

鈴木俊一財務相は月曜日、記者団に対し、日本は投機家と厳しい対立にあり、過度の通貨の動きを容認できないと述べ、円高前に語った。引き続き高い危機感を持って市場を注視し、必要に応じて必要な対応を行うと述べた。

スズキは先週、日本が再び市場に参入したかどうかの確認を拒否した。

月曜日の急激な動きの後、通貨高官の神田雅人氏も、市場に不確実性と恐怖の要素を残すのに役立つ確認、スタンスを与えることを拒否した。

「介入があったかどうかについては、まったくコメントしません」と神田氏は語った。「先ほど申し上げたように、24時間365日、24時間365日、過度な動きに対して適切な対策を講じます。私たちは常にそれを続けるつもりです。

円トレーダーは、先週の介入をめぐるおしゃべりと、日銀の政策会合の起こりうる影響が混ざり合い、苦戦する通貨の次の重要な触媒として、別の岩だらけの週を覚悟した。

エコノミストは、中央銀行が金曜日に終了する2日間の会合で再び政策を変更せずに維持すると予想している。

「金融政策決定会合が近づいているとき、市場は非常に簡単に動く傾向があります」とS&Pグローバルマーケットインテリジェンスのエコノミスト、田口晴美は述べています。「だから、これはその出来事を念頭に置いて(その)ありそうな行動でした。これは、政府が断固たる行動をとるという市場へのメッセージになるのではないかと思います」

記者から、円高を踏まえて日銀は政策を変えるべきかどうか尋ねられたとき、財務大臣は、中央銀行が決定を下すのは中央銀行次第であるという政府の見解に固執した。

「我々は日銀の独立性を尊重しなければならない」と鈴木氏は語った。

「焦点は日銀の会合に向けられているが、選手たちは緊張しているため当局に挑戦することを控えることが期待されており、取引はしばらくの間不安定なままである」と大和証券のシニア通貨ストラテジスト、石月幸雄氏は述べた。

当局は、一方的な動きに対抗するために介入すると繰り返し述べているが、一部のアナリストは、日銀が低金利政策を維持している限り、いかなる介入も限られた影響しか及ぼさないと警告している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *