Categories
スペース ニュース

NASAがアルテミスの有人月着陸船2機の提案を要請

パリ – NASAは、アルテミス計画のための2番目の有人月着陸機の提案の要求をリリースし、スペースXによって開発中のスターシップ着陸機に参加しました。

NASAは、月面開発維持(SLD)プロジェクトの計画を発表し、業界のフィードバックを求める提案の草案を発表してから約6ヶ月後の9月16日に、提案の募集を発表した。同庁は、2023年5月に賞を予定している提案書の受領期限を11月15日に設定しました。

選ばれた会社は、2025年までにSpaceXによって行われるアルテミスキャンペーンの最初の有人着陸であるArtemis 3の後のミッションをサポートする着陸機を開発する予定です。受賞した会社は、2020年代後半にアルテミス5ミッションよりも早く無人着陸を行い、その後、SpaceXとともに、後のミッションの月面着陸サービス契約を完了する資格があります。

「この勧誘の下で行われた作業は、現在行われている着陸機の開発と研究に加えて、長期的な深宇宙探査の基盤を構築するのに役立ちます」とNASAのマーシャル宇宙飛行センターの有人着陸システム(HLS)プログラムのマネージャーであるリサ・ワトソン・モーガンは、提案の募集のリリースに関する声明で述べた。

3月、NASAは月面開発の維持を、HLSプログラム全体で競争するという議会への約束を果たしていると請求した。「私は競争を約束したので、ここにあります」とNASAのビル・ネルソン長官は3月のプロジェクトの発表で言いました。

受賞した企業は、着陸船がPolar Sortie Missionと呼ばれる概念的な月面着陸船ミッションの要件を満たすことができることを証明する必要があります。このミッションでは、2人の宇宙飛行士を月面に最大6.25日間滞在させ、計画された4人と偶発的なムーンウォーク1人をサポートする。

後のポーラー・エクスカーション・ミッションでは、着陸船は4人の宇宙飛行士を月面に輸送し、33日間そこに滞在する必要があります。そのミッションでは、着陸地点に宇宙飛行士がミッション中に滞在する生息地など、他の資産があることを前提としているため、着陸船から生息地まで往復するムーンウォークは1往復しか必要としません。企業はまた、着陸船が月の南極以外の地域への短期滞在ミッションをどのように支援し、貨物を輸送するために使用できるかを示すこともできます。

2021年4月にSpaceXが優勝した最初のHLSコンペティションには、Blue OriginとDyneticsが率いるチームからの入札も含まれていました。これらの企業は政府説明責任局にこの賞に抗議したが、政府説明責任局は3ヶ月後に抗議を拒否した。Blue Originはその後、連邦裁判所に訴訟を起こし、連邦裁判所は同社に不利な判決を下し、NASAがSpaceXを進めることを許可した。

Blue OriginもDyneticsも、Sustaining Lunar Development Programに入札する意向を正式に発表していないが、Blue Originのウェブサイトには「Artemis Lander」のプレースホルダーページがある。

また、HLSに入札した「ナショナルチーム」のドレイパー、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマンなど、ブルー・オリジンのパートナーが新しいコンペティションでブルー・オリジンに再び加わるかどうかも不明です。ロッキードとノースロップの関係者は、3月にプロジェクトが発表された直後、当時は選択肢を検討していたと述べ、非コミットだった。

「私たちはSLDを検討しています。明らかに、これは私たちにとってチャンスです」と、ロッキード・マーティン・スペースのエグゼクティブ・バイスプレジデント、ロバート・ライトフットは、最初のアルテミス1の打ち上げの試みの前に8月28日のインタビューで語った。彼は、同社は提案でどの企業と協力するかを決定したが、それらを開示する準備ができていないと述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.