Categories
スペース ニュース

NASAは、次のカウントダウンテストのためにSLSの6月上旬の展開を計画しています

ワシントン – NASAは、以前のテストからの車両の修理を完了し、6月中旬にスペースローンチシステムの別の練習カウントダウンを実行する準備をしています。

NASAは5月20日、ケネディ宇宙センターの車両組立棟から6月上旬に第39B発射施設にSLSを配備し、液体酸素と液体水素推進剤で満たされ、コアステージの4基のRS-25エンジンの点火直前に停止するカウントダウンを通過するウェットドレスリハーサル(WDR)の次の試みを行う予定だと述べた。

NASAは4月にパッドでWDRを完成させようと3回試みたが、一連の問題の後、3つすべてを早期に停止した。当局は4月26日にSLSをVABに戻し、車両とその地上システム、およびパッドでの窒素ガスの供給に関する両方の問題を解決しました。

声明の中でNASAは、作業員が上段のヘリウムチェックバルブを交換し、臍帯の水素漏れを修正するなど、車両の作業を完了したと述べた。乗組員はまた、要素から保護するために、上段につながる臍帯の「パージブーツ」を修正しました。

NASAは、KSCの発射台やその他の施設に窒素ガスを供給する請負業者であるエア・リキードが、SLSの運用をサポートするのに十分なガスが利用可能になることを保証するアップグレードを完了したことを確認した。

ケネディ宇宙センター(KSCのジャネット・ペトロ)所長は5月18日のブリーフィングで、窒素ガスシステムのテストは前夜に行われ、うまくいったと述べた。「6月上旬にロールアウトし、ウェットドレスを完成させることに本当に満足しています。

NASAは、次のWDRの試みの日付を、ロールアウトから約14日後を除いて与えた。しかし、5月18日のブリーフィングで、NASAのボブ・カバナ副長官は、次の試みは6月18日から20日になると見積もっていると述べた。

NASAの当局者は以前、WDRの完成と飛行準備に必要な作業の評価が終わるまで、アルテミス1の無人ミッションの打ち上げ日を設定しないと述べていた。しかし、NASAのビル・ネルソン長官は5月17日、下院の予算執行官に、8月に打ち上げられることを期待していると語った。

NASAが5月16日に発表した最新のスケジュールによると、アルテミス1ミッションの次の打ち上げ期間は7月26日から8月10日ですが、8月1日、2日、6日の打ち上げは不可能です。次のウィンドウは 8 月 23 日に開き、9 月 6 日まで実行されますが、8 月 30 日から 9 月 1 日までは起動しません。打ち上げ窓は、SLSがオリオン宇宙船を月に送り、カリフォルニア沖の昼間にスプラッシュダウンに戻るための軌道の可用性など、いくつかの要因によって制約されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *