130人の移民が転覆したボートとして地中海で溺死することを恐れた、遺体が発見された| 世界のニュース

ミラノ:商船と移民を乗せたボートを地中海で捜索している慈善船は、130人が乗船したと思われる転覆したゴムボートの近くに10体が浮かんでいるのを発見したとフランスの人道組織SOSMediterraneeは述べた。 グループのスポークスマンは金曜日に、別の木製ボートがまだ行方不明で、約40人の移民が乗船していると述べた。

民間のホットラインAlarmPhoneは、水曜日に3隻のボートが遭難していると報告し、SOS Mediterraneeに「最大6メートルの波のある非常に荒れた海で」捜索を開始するよう促した、と非政府組織は以前に発行されたニュースリリースで述べた。 3隻の商船が、慈善団体の救助船Ocean Vikingが、リビアの都市トリポリの北東にある公海でボートを探すのを手伝いました。

SOS Mediterraneeは、商船MY ROSEが水中で3体を発見し、EU国境警備機関Frontexからの飛行機が直後にゴムボートを発見したと述べました。 オーシャンバイキングが現場に到着したとき、生存者は見つかりませんでしたが、近くの水には10体の遺体がありました。 ツイッターで発表された声明には、転覆した黒いゴムボートの写真が掲載されていた。 NGOのスポークスマンは、AlarmPhoneが苦しんでいると言った3番目のボートに関する情報はないと述べた。 リビアは、何年にもわたって内戦によって分割されており、ヨーロッパに到達しようとしている移民にとって主要なルートです。

国連の国際移住機関は、最近の死により、今年は中央地中海ルートの集計が500人近くになり、2020年の同時期の犠牲者は3倍以上になると述べました。 100人以上の人々の生活」と語った。 「海上での遭難信号に対応するのは国家責任であることを明確にしよう」と彼女は付け加えた。

国連機関は、地中海での国家主導の捜索救助活動を再開し、移民を「安全でない港」に戻すことをやめるよう求めた。 IOMは、昨年3月末の報告書で、2,200人以上が海上で死亡したと述べました。 援助グループが生存者を残さなかったために確認されなかった少なくとも5つの「目に見えない難破船」を報告したので、本当の犠牲者はおそらくはるかに高いです。

生放送

Exit mobile version