健康

10代の若者は、COVID-19後も症状が持続します。 世界のニュース

ロンドン:SARS-CoV-2を捕まえた子供と若者の7人に1人は、約3か月後にウイルスに関連する症状を示す可能性があり、子供における「長いCOVOD」に関する世界最大の研究からの予備調査結果を示唆しています。

UCLと英国公衆衛生サービスの研究者が主導したこの研究では、1月から3月の間にPCR検査で陽性結​​果を示した英国の11歳から17歳の3,065人と、11歳から17歳の対応する対照群を調査しました。 -同じ期間に陰性であった年齢。

プレプリントサイトのリサーチスクエアに公開された調査結果によると、テスト後平均15週間で調査したところ、テスト陽性グループの14%以上の若者が、異常な倦怠感や頭痛など、3つ以上の健康障害の症状を示しました。 、テスト陰性グループのグループよりも、7%(14人に1人)が5つ以上の症状を示しました。

「SARS-CoV-2陽性の検査後、一部のティーンエイジャーが症状を持続させるという一貫した証拠があります。私たちの研究は、頭痛と異常な倦怠感が最も一般的な苦情であり、この証拠を裏付けています」と、UCLの主執筆者であるテレンススティーブンソン教授は述べています。

「複数の症状を見ると、陽性群と陰性群の差が大きく、15週間後に2倍の陽性検査を受けた人は、3つ以上の症状を報告する可能性が高い。これは、臨床医が症状の数を考慮する必要があることを示唆している。子供たちに長いコビッドを定義しようとしている」と述べた。

この研究はまた、最大2年間子供たちを追跡調査し、陰性と判定された子供と比較して陽性と判定された子供の間でメンタルヘルスとウェルビーイングのスコアに差がないことを示しましたが、両方のグループの高い割合が少しまたは非常に心配している、悲しい、または不幸です(陽性を示した人の41%に対して、陰性を示した人の39%)。

生放送

Back to top button