健康

1日あたり平均600人の死亡があり、米国は10か月で最低の致死率を記録しています。 世界のニュース

ワシントン:米国でのCOVID-19による死亡者数は、1日あたり平均約600人にまで減少し、「10か月で最低レベル」になり、州の半分以上で失われた命の数が1桁に減少し、一部の日ではゼロに達しました。

一方、確認された感染症は、平均して約38、000日に減少し、9月中旬以来の最低値となっています。 それは依然として懸念の原因ですが、1月初旬の1日あたり25万件を超えるケースのピークから85%急落しました。

最後に死亡者数がこれほど少なかったのは、ほぼ1年前の7月初旬でした。 米国でのCOVID-19による死亡は、1月中旬に1日平均3,400人を超え、米国史上最大の予防接種ドライブに入ってわずか1か月でした。

カンザスは金曜日から月曜日まで新たな死亡は報告しなかった。

マサチューセッツ州では、ボストンヘラルドが水曜日のトップページに「ほぼ1年ぶりにコロナウイルスによる新たな死亡はない」という見出しの下に大きなゼロを付けました。

ジョンズホプキンス大学の感染症専門医であるアメシュアダルジャ博士は、国が集団免疫に到達するのに苦労しているときでさえ、ワクチン接種が重要であると言いました。

「主な目的は、このウイルスが可能な速度で殺す能力を否定することであり、それは達成された」と彼は述べた。 「私たちは事実上、ウイルスを飼いならしました。」

疾病管理予防センターによると、米国の成人のほぼ45%が完全に予防接種を受けており、58%以上が少なくとも1回の接種を受けています。

今週、ファイザーのワクチンは、国の学校の再開を容易にする可能性のある動きで、12〜15歳での使用の承認を獲得しました。

有望な見通しは、インドやブラジルのような場所で起こっている大惨事とは対照的です。

米国全体の死亡者数は約583,000人です。

保健当局はワクチンの躊躇と人々が警戒を怠ることについて懸念を表明しているが、CDCが相談した専門家チームは先週の報告書で、新たな死亡と症例は7月末までに急激に減少し、その後も減少し続けると予測した。

しかし、ジョン・ホプキンスの疫学准教授であるジャスティン・レスラーは、依然として注意が必要であると警告した。

「私たちは素晴らしい場所にいると思うが、インドは重要な警告の物語だと思う」とレスラーは言った。

「ワクチン忌避、潜在的に新しい変異体、および迅速にロールバックする制御手段の適切な組み合わせがあれば、これを台無しにする可能性があり、現時点では完全に不要な別の波が発生する可能性があります。」

Back to top button