健康

集中豪雨により21人が死亡した中国の5都市での「レッドアラート」| 世界のニュース

上海:中国中央部の湖北省の5つの都市は、集中豪雨により21人が死亡し、6,000人近くが避難を余儀なくされた後、「赤い警告」を宣言したと国営メディアが報じた。

死者は、州北部の随州市の一部であるLiulinの町で記録されました。 新華社通信によると、2,700以上の家屋や店舗が洪水被害を受け、電力、輸送、通信も中断されました。

中国の緊急事態管理省によると、救助隊は随州、襄陽、孝感などの最悪の被害を受けた地域に派遣された。 Yicheng市も木曜日に記録的な400ミリメートルの雨を見ました。

公式の中国新聞社によると、湖北省の774もの貯水池が木曜日の夕方までに洪水警報レベルを超えていた。

州の異常気象は広範囲にわたる停電を引き起こし、3,600以上の家屋と8,110ヘクタールの作物に被害を与えました。 チャイナデイリー紙は金曜日、州の緊急事態管理局を引用して、総損失は1億800万元(1667万ドル)と推定されたと述べた。

中国は夏の雨季に定期的に洪水を経験しますが、当局は気候変動の結果として異常気象がより頻繁になっていると警告しています。

先週末、四川省南西部で約80,000人が避難し、先月の河南省での記録的な降雨により洪水が発生し、300人以上が死亡しました。

中国気象局は、長江沿いの地域が洪水に弱いため、激しい暴風雨が来週まで続く可能性が高いと警告した。

州の天気予報官はまた、木曜日遅くに地質災害警告を発し、危険にさらされている地域には、南西部の湖北省、湖南省、河南省、安徽省、重慶市、四川省、貴州省、東海岸の浙江省が含まれると述べた。

生放送

Back to top button