健康

英国のウィリアム王子がCOVID-19に対して最初のジャブを取得| 世界のニュース

ロンドン:昨年COVID-19に感染した英国のウィリアム王子は、木曜日(5月20日)にコロナウイルスワクチンの初回投与を受けたことを明らかにしました。

エリザベス女王の孫で英国王位継承順位の2番目のウィリアム(38歳)は、ロンドンの科学博物館で注射を受けた瞬間の写真と一緒に、今週初めにショットを受け取ったことをツイッターで明らかにした。

「火曜日(5月18日)に、私はCOVID-19ワクチンの最初の投与を受けました」と彼は言いました。 「ワクチンの展開に取り組んでいるすべての人に-あなたがしたすべてに感謝し、これからも続けていきます。」

火曜日に私はCOVID-19ワクチンの最初の投与を受けました。

ワクチンの展開に取り組んでいるすべての人に-あなたがしたすべてに感謝し、これからも続けていきます。 pic.twitter.com/8QP6ao5fEb

—ケンブリッジ公爵夫人(@KensingtonRoyal)2021年5月20日

ウィリアムは昨年4月、父親であるチャールズ皇太子とほぼ同時にこの病気で病気になりましたが、11月までニュースを秘密にしていました。

メディアの報道によると、彼は誰にも警告したくなかったし、ウイルスにかなりひどい打撃を受けていた。

王室の他のメンバーも、95歳の君主とチャールズを含む彼らがワクチンの投与を受けたことを明らかにしました。

女王は、発砲は非常に迅速で害はなかったと述べ、警戒している人は他の人のことを考えるべきだと言って、一般の人々に追随するように勧めました。

英国は、世界最速の展開の1つで約3,700万人にワクチンの最初のショットを提供し、34歳以上のすべての人々がワクチン接種を受ける資格があります。
生放送

Back to top button