韓国がCOVID-19ワクチン接種を受けた住民のマスクの強制を解除| 世界のニュース

ソウル:韓国は水曜日(5月26日)に、少なくとも1回のCOVID-19ショットでワクチン接種を受けた人には、7月から屋外でマスクが不要になると述べた。 この動きは、韓国が9月までに5,200万人の少なくとも70%を現在の7.7%から免疫することを目指しているため、高齢者に予防接種を受けることを奨励するための入札です。

金富謙首相は水曜日(5月26日)のコロナウイルス対応会議で、少なくとも1回の投与を受けた人々も6月からより多く集まることが許されると述べた。

彼は、住民の70%以上が最初の線量を受けた後、すべての検疫措置は10月に調整されると述べた。

クォン・ドクチョル保健相によると、60歳から74歳までの60%以上が予防接種に申し込んだという。

韓国は木曜日から12,000以上の診療所で65歳から74歳までの一般市民への予防接種を開始します。

韓国は火曜日にコロナウイルスの新たに確認された707例を報告し、合計で137,682感染、1,940人が死亡した。

また読む:COVID-19ウイルスの起源:アンソニー・ファウチ博士が実験室のリーク理論に燃料を供給し、WHOによる「調査の次の段階」を支持する

モバイルバージョンを終了