健康

長時間労働は心臓病や脳卒中による死亡を増加させるとWHOは主張している| 世界のニュース

ニューデリー:月曜日(2021年5月17日)の世界保健機関(WHO)は、長時間労働が心臓病と脳卒中による死亡を増加させていると主張しました。

環境インターナショナルで発表された世界保健機関と国際労働機関(ILO)による最新の推定に基づいて、WHOは、長時間労働により2016年に脳卒中と虚血性心疾患による7,45,000人の死亡が発生し、29%増加したと述べました。 2000年以来。

WHOとILOは、長時間労働に伴う人命と健康の喪失に関する最初の世界的な分析で、2016年に、少なくとも55人の労働の結果として、脳卒中で4万ルピー近く、心臓病で3.47万ルピーが死亡したと推定しています。週に何時間も。

研究によると、2000年から2016年までの長時間労働による心臓病による死亡者数は42%増加し、脳卒中による死亡者数は19%増加しました。

「この仕事関連の疾病負荷は、男性(死亡の72%が男性で発生)、西太平洋および東南アジア地域に住む人々、および中高年の労働者で特に重要である」とWHOは述べた。

記録された死亡のほとんどは、45歳から74歳の間に週55時間以上働いていた60-79歳で亡くなった人々の間であったと付け加えた。

この研究では、週に55時間以上働くと、週に35〜40時間働く場合と比較して、脳卒中のリスクが35%高くなり、虚血性心疾患による死亡のリスクが17%高くなると結論付けています。

長時間労働者の数は増加しており、現在、世界の総人口の9%を占めていると付け加えました。

「この傾向は、さらに多くの人々を仕事関連の障害と早期死亡のリスクにさらしている」とWHOは強調した。

この研究では、最新のエビデンスの2つの系統的レビューとメタアナリシスが実施されました。 7.68万ルピー以上の参加者を対象とした虚血性心疾患に関する37の研究と8.39万ルピー以上の参加者を対象とした脳卒中に関する22の研究からのデータが統合されました。

この調査は、特に、世界、地域、国のレベルを対象としており、1970年から2018年にかけて154か国で収集された2300を超える調査のデータに基づいています。

WHOのTedrosAdhanom Ghebreyesus局長は、COVID-19のパンデミックにより、多くの人々の働き方が大きく変わったと述べました。

「在宅勤務は多くの業界で当たり前になっており、家庭と職場の境界があいまいになっていることがよくあります。さらに、多くの企業はお金を節約するために事業の縮小または閉鎖を余儀なくされており、まだ給与を支払っている人々は結局より長く働くことになります。脳卒中や心臓病のリスクに見合う仕事はない。政府、雇用主、労働者は、労働者の健康を守るための制限について合意するために協力する必要がある」と語った。

世界保健機関の環境・気候変動・健康局長のマリア・ネイラは、週に55時間以上働くことは深刻な健康被害であると述べました。

「私たち全員、政府、雇用主、そして従業員が、長時間労働が早死につながる可能性があるという事実に目覚める時が来た」とネイラ氏は付け加えた。

WHOは、政府、雇用主、労働者が労働者の健康を保護するためにとることができる次の3つの行動を述べました。

1.政府は、強制的な残業を禁止し、労働時間の最大制限を確保する法律、規制、およびポリシーを導入、実施、および施行することができます。

2.雇用主と労働者組合の間の二者間または団体交渉協定は、労働時間をより柔軟にすると同時に、最大労働時間数について合意することができます。

3.従業員は労働時間を共有して、労働時間数が1週間あたり55時間以上に上がらないようにすることができます。

Back to top button