健康

貧富の格差:WHOはCOVID-19ワクチンブースター用量のモラトリアムを要求します| 世界のニュース

世界保健機関(WHO)は、少なくとも9月末まで、COVID-19ワクチンブースターのモラトリアムを呼びかけていると、その長であるテドロスアダノムゲブレイエスは水曜日に述べた。 この動きは、すべての国の人口の少なくとも10%がワクチン接種を受けることを可能にすることでした、とWHOのテドロス事務局長は言いました。

裕福な国と貧しい国の接種率の差が広がる中、COVID-19ワクチンブースターを停止するという呼びかけは、国連機関からのこれまでで最も強力です。 「私は、デルタの亜種から国民を保護するというすべての政府の懸念を理解しています。しかし、ワクチンの世界的な供給のほとんどをすでに使用している国を受け入れることはできません」とテドロスは付け加えました。

WHOによると、高所得国は5月に100人ごとに約50回の投与を行い、その後その数は2倍になりました。 低所得国では、供給が不足しているため、100人ごとに1.5回しか投与できませんでした。

「ワクチンの大部分が高所得国に行くことから、大多数が低所得国に行くことへの緊急の逆転が必要です」とテドロスは言いました。

一部の国では、ブースター用量の必要性を使用し始めているか、その必要性を検討し始めています。 ドイツは月曜日(8月2日)に9月に脆弱な人々にブースターショットを提供し始めると述べた。 アラブ首長国連邦はまた、高リスクと見なされるすべての完全ワクチン接種を受けた人々に、2回目のワクチン接種から3か月後、その他の人々に6か月間ブースターショットを提供し始めます。

また読む:COVID-19恐怖:デルタの亜種が激怒するにつれてすべての居住者をテストする中国の武漢

先週、イスラエルのアイザックヘルツォーク大統領は、コロナウイルスワクチンの3回目の接種を受け、国内の60歳以上の人々に追加免疫を与えるキャンペーンを開始しました。

米国は7月、ファイザー社とドイツのパートナーであるバイオエヌテックとの間で、小児ワクチン接種とブースター効果の可能性を支援するために、COVID-19ワクチンを2億回追加購入する契約を締結しました。 米国の健康規制当局は、ブースター用量の必要性をまだ評価しています。

生放送

Back to top button